火災保険は火災以外にも補償可能ってご存じですか?

火災保険とは損害保険の一つであり、建物や建物内にある家財などが火災により損害を受けてしまった時に損害を補償してくれるものですが、実はそれだけではありません。

火災保険と聞くと火災の保険というイメージが強いですが、火災保険は火災以外にも様々な損害の補償をしてくれる、とても守備範囲の広い保険なのです。

火災以外のどんな補償をしてくれるのか、そしてどうすれば補償を受けられるのか、徹底紹介していきますよ!

【火災保険は万能な保険!火災以外の補償が充実している!】

火災保険、と聞くと「火事の時に役立つ保険」というイメージが強いかと思います。

しかし実際には、火災保険には火災以外にも、『風水害補償』『経年劣化の補償』という心強い補償が付いているのです。

順番にご紹介していきましょう!


『風水害補償』

風水害とは、その名の通り台風や突風、竜巻などの風や水による被害のことを指します。

最近はゲリラ豪雨や台風の異常発生、突如発生する竜巻など、地球環境の影響により災害が増えてきており、風水害に対する補償は昔より一層重要となってきました。


『経年劣化の補償』

経年劣化の補償と聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、家というのは日々いろいろな脅威に晒されています。

日光のよる照り、降り積もる雪、砂の混じった風、長期間降り続ける雨…

私たちが普段快適に家で過ごしていられるのも、様々な脅威を家が全て受け止めてくれているからですね。

日々の脅威は言わば「静かな災害」とも言えますが、この脅威により屋根に「割れ」「浮き」「剥がれ」「反り」「サビ」「ズレ」などといった異変が起きているのです。

屋根に起きてしまった異変により、屋根より雨水が入り込んでしまい、雨漏りが起きることで家の損傷が発生することとなるのです。

火災保険においては、このような「静かな災害」に対する補償も行ってくれるのです。

【万能な火災保険だが、補償を受けるには落とし穴が!】

火災だけでなく、風水害や経年劣化による被害も補償してくれる火災保険。

思ったよりも万能で、とても便利な保険であることがわかります。

しかし、実際に補償を受けようとすると、落とし穴が待ち構えています。

その落とし穴とは…

「素人が申請するのはとても難しい!」

ということです。

もし火災や台風などにより被害を受けた場合は、原因が特定できますし、いつ起こったのかということも特定できるため、補償は受けられることは難しくありません。

では、補償を受ける際に落とし穴となる申請とはどのような申請なのでしょうか?

実は、一番申請するのに難しいと言われているのは、『経年劣化の補償』なのです…!

【どうして経年劣化の補償は申請が難しいのか?】

「静かな災害」と言われる経年劣化による災害の補償。

どうして経年劣化の補償は申請が難しいと言われているのかというと、

『経年劣化は火災保険の対象外であるケースがある』

からです。

実は一般的に火災保険は経年劣化による補償は対象外となっています。

保険会社に問い合わせたところで、経年劣化によるものと伝えた途端に門前払いされてしまうのです。

しかし、屋根の損害においては、経年劣化だけで雨漏りするようなケースはほとんどなく、風水害による屋根の被害であるケースがほとんどです。

そもそも住宅の屋根というのは、厳しい検査基準をクリアしたものであり、そんな簡単に雨漏りするような脆いつくりになっていません。

つまり、経年劣化による損害というのは、ほとんどの場合が「風水害による損害」なのです。

では、なぜこのような現況があるにも関わらず、経年劣化と判断されて火災保険の対象外となってしまうのでしょうか。

答えは簡単です。

「保険会社がお金を払いたくないから」です。

仮に自然災害による損害である可能性があったとしても、家である程度生活していたのであれば経年劣化の可能性が出てきてしまい、結果的に経年劣化によるものと判断されてしまうケースが多いのです。

このような主張に立ち向かうには、屋根の雨漏りが風水害によるものであることを証明しなければいけません。

しかしほとんどの方は保険に対する知識をお持ちでないため、保険会社の見解を覆せる方はほとんどいないのが現状です。

では、一体どうすればよいのでしょうか?

【火災保険の補償で困ったら、火災保険のプロにお任せするのが一番!】

火災保険の補償で困ったことがあったら、泣き寝入りしなければいけないのでしょうか?

答えは「ノー」です。

火災保険のプロにお任せしてしまえば良いのです!

PROSSIMOさんは火災保険申請代行サービスを行っている火災保険のプロであり、申請が難しいような案件であっても、代わりに申請を行ってくれる頼もしいパートナーです。

例えば先ほどの屋根の雨漏りの件であっても、風水害による損害であることを証明するためにプロの立場から調査を行ってくれます。

中には申請が受理されても保険金が支払われないケースがありますが、PROSSIMOさんの火災保険申請代行サービスは完全成功報酬型となっておりますので、点検、見積り、申請、そして出張費に関するところまで全て無料となっています。

よって申請代行をお願いする私たちが背負うリスクはゼロであり、もし保険金が支払われなかったとしても私たちがお金を支払うことはないのです。

もし保険金が支払われたらラッキー、支払われなくてもリスクゼロ、の二択しかありませんので、風水害に関わる問題をもし抱えていたら、とりあえず連絡してみるだけでも十分価値があるということになりますね!

PROSSIMOさんは下の写真のような細かい破損も申請してくれ、一般的な戸建てで200万円以上、工場やビルなどでは1000万円以上の保険金を受給したケースもありますよ!

ちなみに、実際に同じ風水害による火災保険の申請であっても、申請しやすい災害と申請しにくい申請があります。

申請しやすい災害…台風、竜巻、豪雨災害など

申請しにくい災害…日照り、積雪、風、雨による経年劣化

もちろん、申請しにくい災害であっても、申請してみる価値は十分にあります。

状況によっては思わぬ臨時収入に繋がることが多いようなので、一戸建て住宅やビルを所有されている方は、是非一度ご連絡してみることをオススメします!

PROSSIMOさんの火災保険申請代行サービス

【火災保険申請代行サービスの内容まとめ】

いかがだったでしょうか?

思っている以上に範囲の広い火災保険ですが、専門的な知識がないと保険金を受け取るのが難しい保険と言えます。

特に風水害による家屋の損傷においては、状態を見極める専門的な知識が求められ、なかなか個人で太刀打ちするのは難しいのが現状です。

そんな私たちの強い味方となってくれるのが「PROSSIMOさんの火災保険申請代行サービス」となっており、リスクゼロで申請を行うことができるので、是非活用して頂きたいと思います。

PROSSIMOさんの火災保険申請代行サービス

最後に、火災保険申請代行サービスの具体的な内容についてご紹介していきますね!


『対象について』

持ち家、ビル、工場などの不動産オーナー様が対象となります。

ワンルームは対象外となりますので、ご注意ください。


『条件について』

火災保険または地震保険に加入されていること。

地震保険でもOKというのが嬉しいですね。


『内容について』

火災保険申請の難しい風水害補償を、保険申請のプロが代行します。

保険金をオーナー様へお届けします!


『費用について』

点検料、見積り料、出張費など申請に関わる費用は一切ゼロとなっています。

保険金が発生した場合、保険金の40%が費用となります。

完全成功報酬型となっているため、マイナスになることはありません。


『その他備考について』

  • 保険金を受け取っても、保険料が変わることはありません。
  • 受け取った保険金の用途に制限はなく、使い道は自由です。
  • 同じ傷で再度保険申請を行うことはできませんのでご注意ください。
  • 経年劣化だった場合でも、保険金が下りるケースがあります。
  • 保険金が下りなかった場合、費用の請求はありません。
  • 既に修繕した箇所も三年前に遡って申請できます。

リスクゼロのサービスとなっておりますので、一戸建て住宅やビルを所有されている方は、まずご連絡を!

PROSSIMOさんの火災保険申請代行サービス