2017年8月の「スーパーフライデー」から、大半の大人は対象外になってしまった…!

2016年10月から始まったソフトバンクの「スーパーフライデー」ですが、8月は皆大好きな銀だことのコラボとなりました。

毎週金曜日にたこ焼きがプレゼントされるとのことですが、今までとは違い厳しい年齢制限が課せられることが判明しました!

ちょっとした社会現象とまでなった「スーパーフライデー」ですが、ソフトバンクユーザーが得をする仕組みはどうなってしまうのでしょうか?

果たして銀だこゲットのための条件とは?

今回は、「スーパーフライデー」2017年8月の銀だこコラボについてご紹介したいと思います!

Sponsoredlink

08

【8月は銀だこと聞いて喜んだ男性(35)に衝撃的な不幸が訪れる…】

もうかれこれ第3弾とまでなったスーパーフライデーですが、6月のセブンイレブンに引続き、8月は銀だことなりました。

なんでも銀だこのたこ焼き4つプレゼントということで、かなりの大盤振舞ですね。

o0500037513219146356

店舗や地域によって値段は異なるものの、だいたい300円相当くらいかなと思います。

8月の金曜日は4回となっており、6月の5回に比べると1回少ないものの、楽しみであることには変わりありませんね!

僕も35歳のおっさんですが、ここは素直に喜びたいと思います!

…喜んだはずだったのですが。

残念ながら僕は今回は対象外だそうです…

なぜかというと、今回の対象は『学生限定』だからです…

ちなみに学生とは、25歳以下の人を指します。

つまり、26歳以上の大人は、8月のスーパーフライデーはスーパーでも何でもなく、ただの金曜日ということです。

7月スーパーフライデーやってくれなかったから、かなり8月には期待したのですが…

Sponsored Link

【年齢制限は初だが、第2弾で不穏な空気はあった…】

無題

スーパーフライデーは2016年10月~12月の第1弾、2017年3月~4月の第2弾、そして6月、8月、10月の第3弾で構成されています。

ちなみに今まで登場したスーパーフライデーの内容は以下となります。

【第1弾】

  • 2016年10月:吉野家(牛丼並盛1杯)
  • 2016年11月:アイスサーティーワン(シングルコーン1個)
  • 2016年12月:ミスタードーナツ(ドーナツ2個)

【第2弾】

  • 2017年3月:ファミリーマート(ファミチキ1個)
  • 2017年4月:アイスサーティーワン(レギュラーコーン1個)

【第3弾】

  • 2017年6月:セブンイレブン(選べるセブンイレブンブランド商品1つ)
  • 2017年8月:銀だこ(たこ焼き4個)
  • 2017年10月:未発表

実は第2弾の時に、プレゼント内容に格差が生まれました。

それは「25歳以下のユーザーは、プレゼント2倍」というものでした。

ソフトバンクの狙いとしては、3月と4月は出会いと別れの季節であるため、お世話になった人やこれから仲良くやっていく人と「シェアする」ことを推奨していたわけです。

この格差については、損をするというよりは、よりトクをするという考え方ですから、まだ許せる範囲だと思います。

しかし今回は26歳以上のユーザーは損をするという考え方なので、批判が出るのは驚くことではないかもしれません。

【年齢制限が課せられたのは、銀だこのキャパオーバーを懸念?】

まだ26歳以上のソフトバンクユーザーの希望がゼロになったわけではありませんが、公式ページにハッキリと「学生限定」と書かれてしまっている以上、厳しい状況ではあるかと思います。

それではなぜ今回だけ「学生限定」になってしまったのか?

考えられる理由としては、『銀だこ』のキャパオーバーが挙げられます。

スーパーフライデー第1弾を思い出して頂きたいのですが、毎週金曜日の吉野家ってどんな状況でしたでしょうか?

店内の混雑はもちろんのこと、吉野家周辺の交通状況にまで影響を及ぼしました。

あれはちょっとした社会現象になりましたよね。

普段から吉野家を利用している人からしてみれば、なかなか複雑な気持ちだったはずです。

一方、銀だこは吉野家と比べ物にならないくらい店舗としてのキャパが小さいです。

さらに銀だこはイオンを代表する大型スーパーの1階に店舗を構えていることが多く、人が大量に並ぶことを想定していないつくりになっています。

そんな状況で、吉野家と同じ様な感覚でお客さんが集まったらどうなるか?

銀だこだけではなく、大型スーパー自体が大変なことになってしまいます。

しかもそれがお盆を含む毎週金曜日に行われたら、たまったもんじゃありません。

確かにスーパーフライデーは第1弾だけで発行されたクーポンは1200万以上となり、コラボした企業の収益は上がったと言います(収益具合は未公開ですが)

しかしその一方で行列による苦情が多かったことも確かで、ソフトバンクとしては対策をしないわけにはいかないのではないかと思います。

そこで、年齢制限を課すことにより、吉野家のようなパニック現象を回避したかったのではないかと個人的に思うのです。

吉野家の店員さんの顔がすごいことになっていたという話も聞きますし、実際に現場の人のことを考えてあげるのも、企業としては大事なことなんじゃないかなと感じます。

【ハードルが上がりすぎて心配な10月のスーパーフライデー】

7月のスーパーフライデーがなく、待ちに待った8月のスーパーフライデーが年齢制限、そしてまた9月にはスーパーフライデーがない…

6月から10月まで完全にお預け状態となってしまった26歳以上の大人ですが、これはもう勝手に期待感だけが上昇するケースになっているように感じます。

だいたい今までのコラボを見ていると、1回あたりのプレゼントの金額は300~400円程度かなと思うので、是非10月のスーパーフライデーでは、2倍くらいのプレゼントが欲しいところですね!

【注意!銀だこが貰えるのは、あくまでも25歳以下の「使用者」です!】

ソフトバンクにおいて、契約者情報は「契約者」と「使用者」の2種類存在します。

いつもスマホを使っているのが25歳以下だったとしても、契約者情報の「使用者」が25歳以下でなかった場合、残念ながら銀だこをゲットすることはできません。

不安な方は、一度ソフトバンクへ問い合わせることをおススメします!

Sponsored Link