2017/12/5(火)より、東京と千葉のセブンイレブンで先行発売開始!

冬でも大人気のハーゲンダッツが、なんとセブンイレブンと初コラボで新作を作っちゃいました!

共同開発となっているため、ただのコラボじゃなくて、一緒に作った渾身の1メニューとなっています。

先行して12/5(火)から東京と千葉では発売開始となりますが、今から楽しみですね!

今回はハーゲンダッツ新作「クリーミーコーンキャラメル&マカデミア」をご紹介します!

Sponsoredlink

無題

【コーンタイプのアイスを共同開発するのは国内初!】

ハーゲンダッツはその名の通り高級ブランドとなっているため、あまりコラボをするようなイメージがないのですが、実は今回の共同開発もとても珍しいそうです。

コーンタイプのアイスを共同開発するのは国内初ということで、今回のクリーミーコーンはセブンイレブンじゃないと購入できないとのこと!

そんなプレミアム感たっぷりのクリーミーコーンですが、どんなアイスなのかご紹介したいと思います!

【キャラメル&マカデミアのポイントは珍しいワッフルコーンにあり!】

構造

バタースカッチをベースとしたアイスクリームに、食感が楽しめるサイズのマカデミアナッツをたくさん混ぜ合わせ、最後に濃厚なキャラメルでコーティングした豪華な味わいとなっています!

そして最大のポイントは、ハーゲンダッツでは珍しいワッフルコーンにあります。

現在ハーゲンダッツの主力はカップ型となっており、クリスピーサンド、クランチークランチがそれに続いています。

つまり、ハーゲンダッツにはワッフルコーンは存在しないわけですね。

食感としてはクリスピーサンドに近くはなりますが、だんだんアイスが溶けてくるので、両手で食べる必要が出てくることが多いです。

それに比べてワッフルコーンは最後まで片手で楽しめるため、とても手軽なハーゲンダッツということになりますね。

クランチークランチのような棒タイプは子どもは意外に失敗するので、老若男女問わず最後まで美味しく楽しめるワッフルコーンはとても素敵だなと思います。

【クリーミーコーンの値段は?】

クリーミーコーンキャラメル&マカダミアの値段は、350円となっています。

ミニカップやクリスピーサンドはだいたい300円となっていることを考えると、ちょっと高めの設定となっていますね。

ワッフルコーンタイプはボリュームもあるので、これくらいは仕方ないかなと思います。

【クリーミーコーンの販売期間は?】

東京と千葉は先行して12/5(火)より販売となりますが、全国展開されるのは12/19(火)となっています。

クリスマスシーズン真っ只中となりますね!

終了期間については特に明記されていませんので、もしかするとロングランとなる可能性も十分あります。

【クリーミーコーンの気になるカロリーは?】

気になるカロリーについては、309kcal(容量89ml)となっています。

参考までに、カップタイプやクリスピーサンド、クランチークランチのカロリーと比較してみましょう!

  • カップバニラ:244kcal,110ml
  • カップチョコレートブラウニー:273kcal,110ml
  • クリスピーサンドキャラメルクラシック:249kcal,60ml
  • クランチークランチバニラチョコレートアーモンド:268kcal,80ml

どのタイプであっても、ハーゲンダッツはおよそ250kcal程度が平均となっているようです。

クリーミーコーンは300kcalを超えているため、カロリーは高めということになります。

【セブンイレブンじゃないと買えないという優位性】

パッケージ

ハーゲンダッツはどこのコンビニであっても、多少の品ぞろえの違いはあるにしろ、購入することができます。

その中でもなかなかの品ぞろえをしてくれているのがセブンイレブンであり、僕が大好きなクリスピーサンドのキャラメルクラシックは家の周りだとセブンイレブンにしかありません。

元々ハーゲンダッツコーナーが広めに設計されていますし、今回の初コラボもハーゲンダッツのお得意さんという側面から実現した可能性もあります。

テレビCMでやっているように、少し常温にして食べるのが美味しいらしいので、コタツの上に少し置いておき、少しキャラメルコーティングを溶かしてから頂きたいと思います!

生き残りの争いが激化しているコンビニ業界ですが、今回のハーゲンダッツ初コラボは大きな武器になるのではないかと思いますね!

Sponsored Link