ついに登場!吉野家の本気「黒カレー」!

コク旨カレーと旨辛カレーを電撃引退させて盛り込んだ、吉野家の本気カレーとなる「黒カレー」を早速食べてきました!

どうして黒カレー一本にしてしまったのか、新トッピング納豆&カルビについて、いろいろと感じるところがあったので、早速食レポしていきたいと思います!

Sponsoredlink

無題

【吉野家の黒カレーはまさに黒船!】

吉野家の秘密兵器ということもあってか、かなり話題になっているみたいですね。

とても楽しみにしていたので、早速昼下がりに食べてきました!

昼下がりということもあって、お昼のピークを過ぎていたせいか混雑も特になく、すぐに注文にこぎつけることができました。

牛丼のメニュー表とは別に専用で黒カレー用のメニュー表が用意されているあたり、気合いを感じますね。

それでは黒カレーについて、簡単にご紹介したいと思います。

『「吉野家黒カレー」を3行でご紹介!』

それでは黒カレーを3行でご紹介です!

  1. 中辛オンリーとなる、辛さ調整不可能の自慢の黒カレー!
  2. 値段はコク旨カレーと同じだが、トッピングが納豆とカルビ追加になりました!
  3. やっぱり3行では無理なので、こちらのまとめを参照ください!(⇒吉野家「黒カレー」登場!こく旨&旨辛カレーの扱いが酷くて苦情が多発!壮絶なカレーの歴史…

【新トッピングの納豆とカルビをお供に、いざ出撃!】

メニュー表の写真で見るよりも、とても黒い黒カレー。

どうして納豆とカルビをトッピングにしたのか気になっていたので、ここは黒カレー+納豆+カルビで攻めることにしました。

まずは黒カレーのルーを一口…

…あ…?…あぁ、あぁ辛い!

口に入れた瞬間はさほど辛さを感じなかったのですが、少し経ってから辛さが爆発!

これは旨辛カレーよりも辛いんじゃないか?と思うくらいの辛さです。

カレーの辛さは好きな僕ですが、その僕でさえ辛いと感じますからね…

中辛一筋の黒カレーですが、思わず店員さんに聞いちゃいました。

僕「黒カレーって辛さを調整したりできるんですか?」

店員「いやー、無理ですね

ですよね…あったらメニュー表のどこかに書きますよね普通。

詳しく聞いてみたのですが、辛さを抑えることはおろか、もっと辛くすることもできないそうです。

CoCo壱番屋であれば、甘口があったりとび辛スパイスがあったりしますから、多少は自分で調整ができるのですが、ここは牛丼屋ですからね。

Sponsored Link

【辛さが調整できない…いや、だからこそあるんだトッピングが!】

納豆&カルビ

カルビはご飯の上に乗ってきましたので、納豆はルーの上に着水(?)させました。

普段から納豆とカレーの組合せを楽しんでいる僕ですが、よりカレーに合う納豆にするためのコツをご紹介したいと思います。

それは、「納豆はタレや薬味を入れる前にしっかりかき混ぜるべし!」

納豆そのものというより、納豆の粘り部分がカレーに合うので、ちゃんと粘りを出した方が良いです。

そのため、タレや薬味を入れるより前にあらかじめかき混ぜた方が、より粘りが出て美味しくなりますよ!

先ほどは黒カレー単体で頂いたので、今度は納豆と一緒にいただきましょう!

「お…なんかマイルドになってるぞ!」

納豆の粘りが、なんと辛さを抑えてまろやかな味わいを醸し出してくれているではありませんか!

これはカルビにも同じことが言えたのですが、カルビはちょっと甘めの味付けがされていて、辛さを抑えてくれています。

つまり、納豆とカルビが新トッピングメニューとして追加された理由は、

中辛しかない黒カレーの辛さを美味しく抑えてくれる!

ということだったのです!なんか納得!

ちなみにですが、従来のトッピングも辛さを抑えてくれるメニューが存在し、チーズやタマゴは辛さがマイルドになっておススメです。

黒カレーと納豆、カルビのトッピングはカロリーがちょっと気になりますよね。

黒カレーのカロリーについてまとめてみました!

⇒参考:吉野家「黒カレー」カロリーを徹底攻略!全トッピングで1000kcalの壁を軽く突破してしまうことが判明!

【辛いからといって、お茶を飲んではダメ!】

辛いとどうしても水分が欲しくなりますが、最初に出されるお茶を飲んではいけません。

もっと熱くなれば冷たいお茶になると思いますが、まだ出されるお茶は熱いです。

舌が敏感になっている時に熱いお茶を飲むと、舌が痛くなってしまいます。

カレーを出された時に水もついてくるはずですから、水で対処しましょう。

本来であれば、水分は口の中の辛い成分を余計に広げてしまうため、甘いものを食べるのが一番効果があるのですが、なければ冷たい水で大丈夫かなと思います。

【黒カレーはトッピングを楽しむべし!】

黒カレーは辛いながらも、トッピングが豊富で辛さを美味しく調節できることがわかったので、これはこれでアリなんじゃないかなと思いました。

「え?納豆?」

と思われた方もいらっしゃると思いますが、納豆が好きであれば、それは絶対に食わず嫌いだと断言できます。

(それでも無理であれば、無理強いはできませんが…)

まだトッピングに追加できるものは色々ありそうなのに、敢えて納豆が追加メニューに選ばれたのはきっと納豆カレーが好きな人が多いからだと信じて、今日も納豆を黒カレーにトッピングしたいと思います!

期間限定でトッピングを増やすのも面白いと思いますで、黒カレーの楽しみ方がこれから増えていくことを期待しています!

Sponsored Link