牛丼も豚丼もとにかく300円なのです!

春になって活発的に動けるようになってきたので、しょっちゅうお腹が空いてしまう僕ですが、こんな素敵なキャンペーンをやってくれるのはありがたいですね。

今回は、吉野家が行う「春の300円まつり」についてご紹介したいと思います。

Sponsoredlink

itmedia_bizmakoto_20170323127_0

【週末がターゲット!春の300円まつり!】

「春の300円まつり」とは、3月末の週末から4週連続で牛丼や豚丼といった人気メニューが軒並み300円に大幅値下げされるという、何ともプレミアムな企画です。

どのタイミングでどのメニューが値下げされるかは、以下の通りです。

  • 第1弾:3/31(金)10時~4/1(土)22時「牛丼並盛」300円
  • 第2弾:4/7(金)10時~4/8(土)22時「豚丼並盛」300円
  • 第3弾:4/14(金)10時~4/15(土)22時「辛子明太子定食」300円
  • 第4弾:4/21(金)10時~4/22(土)22時「牛丼並盛」300円

どれも時間帯は金曜日の朝10時に始まり、翌日の金曜日の夜10時に終了する36時間限定のサービスとなっています。

週末の集客を狙ったようなピンポイントキャンペーンとなっているようですね。

それでは1つずつ順番に、具体的なキャンペーンをご紹介していきましょう!

【第1弾:3/31(金)~4/1(土)「牛丼並盛」が300円】

第1弾となる週末においては、牛丼がターゲットとなっています。

牛丼並盛は普段だと380円となっていますから、80円引きとなっています。

今では300円で食べられる牛丼なんてありませんから、これはかなりのおトクとなっていますね。

しかも!実は値下げされるのは並盛だけではなく、『牛丼全てが値下げ』されているというサプライズ!

具体的な値下げは、以下の様になっています。

【牛丼】

  • 並盛:380円⇒300円
  • アタマの大盛:480円⇒400円
  • 大盛:550円⇒470円
  • 特盛:680円⇒600円

【牛皿】

  • 並盛:330円⇒250円
  • アタマの大盛:450円⇒370円
  • 大盛:450円⇒370円
  • 特盛:580円⇒500円

【牛ねぎ玉丼】

  • 並盛:480円⇒400円
  • アタマの大盛:580円⇒500円
  • 大盛:650円⇒570円
  • 特盛:780円⇒700円

【牛鮭定食】

  • 牛鮭定食:580円⇒500円

【コモサラセット】

  • 生野菜サラダ:400円⇒320円
  • ごぼうサラダ:430円⇒350円
  • ポテトサラダ:430円⇒350円

【お子様セット】

  • ミニ牛丼セット:360円⇒280円

いかがでしょうか?

もうお気づきだとは思いますが、全ての牛に関係するメニューが80円引きとなっています。

牛丼並だけでも十分な値引きだとは思いますが、いつも大盛を頼む人や、定食を頼む人のためへの気遣い、とても嬉しいですね。

土曜日の朝については、朝メニューもあるため、朝の定食にも対応してくれています。

ただし、定食については持ち帰りはできませんので、注意してくださいね。

【第2弾:4/7(金)~4/8(土)「豚丼並盛」が300円】

第1弾の牛丼に引続き、第2弾の週末では、もう一つの巨頭、豚丼となりました。

牛丼が出回らなかった頃、吉野家を助けてくれたのは他でもない豚丼でした。

代替え品という扱いだったにも関わらず、豚のアッサリした脂身とリーズナブルな値段で僕らのハートを鷲掴みにしてくれましたね。

牛丼が復活した後でも根強い人気を誇っている豚丼も300円になってくれるのは嬉しい限りです。

但し、もともと330円と牛丼より50円低くなっているため、値下げ額だけでみると30円とややパンチに欠けます。

いや値引きしてくれる分には全然問題ないんですけどね!

牛丼同様に、豚肉に関わるメニューは全て値下げとなります。

具体的な値下げについては、以下の様になっています。

【豚丼】

  • 並盛:330円⇒300円
  • アタマの大盛:430円⇒400円
  • 大盛:500円⇒470円
  • 特盛:630円⇒600円

【豚皿】

  • 並盛:280円⇒250円
  • 大盛:400円⇒370円
  • 特盛:530円⇒500円
  • 並盛:430円⇒400円

【豚ねぎ玉丼・豚キムチ丼・豚チーズ丼】

  • アタマの大盛:530円⇒500円
  • 大盛:600円⇒570円
  • 特盛:730円⇒700円

【豚半熟豚丼】

  • 並盛:400円⇒370円
  • アタマの大盛:500円⇒470円
  • 大盛:570円⇒540円
  • 特盛:700円⇒670円

【豚鮭定食】

  • 豚鮭定食:530円⇒500円

もともと安いイメージのある豚丼ですが、さらに安くなってくれるのは嬉しいです!

豚皿が250円まで安くなるので、ついでに頼んでしまいそうになりますね。

牛丼同様、定食はお持ち帰りができませんので、ご注意ください!

Sponsored Link

【第3弾:4/14(金)~4/15(土)「辛子明太子定食」が300円】

辛子明太子定食とは、3/16(木)から販売スタートとなった朝のニューフェイスです。

ご飯が軽々と空っぽになってしまうくらい相性バツグンで、朝定食の中でも人気が高いメニューとなっています。

そんな人気定食が大幅値下げというのは嬉しいですね。

もともと390円の辛子明太子定食が300円になるわけですから、値下げは90円となり、おトク度合いは牛丼を上回ります!

実は第3弾が一番見逃せない週末となるのです…!

牛丼や豚丼と同じ様に、辛子明太子に関わるメニューが全て値下げの対象となっていますので、具体的な値下げについて以下にまとめてみました。

  • 辛子明太子定食:390円⇒300円
  • 明太子牛小鉢定食:530円⇒440円
  • 納豆明太子定食:500円⇒410円
  • 焼魚明太子定食:590円⇒500円

焼魚明太子定食が1コインで食べられるなんてかなり贅沢ですね!

明太子全般が90円引きなので、単品明太子も170円から80円になってるかなと思ったのですが、どうやら単品は含まれていませんね。

 

すごくありがたかったんですけどね~残念です。

きっと単品の値下げを解禁してしまったら、あっという間に明太子だけ無くなるからでしょうね…こればかりは仕方ありません。

全てのメニューが定食となりますが、定食についてはお持ち帰りができませんので注意してくださいね。

【第4弾:4/21(金)~4/22(土)「牛丼並盛」が300円】

あれれ、第1弾と同じじゃないか!と思われる方も多いかと思いますが、これには僕も意外だなと感じました。

牛丼、豚丼、期間限定定食…残るジャンルとしては「カレー」がありますからね!

吉野家のカレーって350円ですから、300円に設定して、全カレー50円値引きでもアリだったと思ったのですが。

僕なりの解釈としては、どうしても情報感度の低い人だと、このキャンペーンの第2弾あたりでキャンペーンの存在に気付く人も多いと思うのです。

ですから、やり直しがきくように人気NO.1の牛丼をラストの週にも開催してくれるようになったのではないかと思いますね。

キャンペーン内容としては、第1弾と全く同じとなります。

【「春の300円まつり」は嬉しいけど、サラリーマンからは苦情の声が!】

ここまでのご紹介で、吉野家としては結構奮発したキャンペーンをやってくれたのではないかと思いますが、実はサラリーマンからは辛い意見が出ています。

意見が辛くなっちゃっている原因は、開催時間にあります。

金曜日の朝10時から始まるのですが、この時間帯ってサラリーマンはとっくに仕事を始めてしまっています。

確かにお昼ご飯にはもってこいなのですが、どうして朝定食の時間から始めてくれないのか?

せめて開始時間があと3時間早かったら、救われるサラリーマンは星の数ほどいる、というのが総意のようです。

このキャンペーンが1週間続くのであれば、特に辛い意見が噴出することも無かったと思いますが、週末限定ということもあって恩恵に預かれないサラリーマンも多いはず。

吉野家ってサラリーマンの支持によって成り立っている部分も大きいかと思いますので、是非次回からはサラリーマンの朝食の時間も考慮して欲しいなと思いますね。

Sponsored Link