吉野家から怪しげなメールが来たら注意です!

最近、ダイレクトメールやショートメールなどで、吉野家からの怪しげなメールが出回っているようです。

一体どんな内容なのか、もしメールが来たらどのような対処が必要なのか、ご紹介したいと思います!

Sponsoredlink

【吉野家から届く不審メールとは一体?】

最近出回っている吉野家からの不審メール。

何でも『ゴールデンウィークお客様アンケート』と称するアンケートを募集する内容のメールが、ダイレクトメールやショートメールなどで拡散されているとのこと。

不特定多数の人に送られているため、混乱が続いているようです。

この不審メールに書かれているアンケートに答えると、「東京ディズニーランドの招待チケット」が当たるらしいのですが。

当然のことながら吉野家とは無関係のため、まず東京ディズニーランドの招待チケットは貰えないと考えた方が良いです!

そもそも吉野家はそんなアンケートを行っておりませんし、公式の見解でハッキリと断言しています。

「ゴールデンウィークアンケートは吉野家はやっていない」という認識をしっかりと持っておくことが大事になります。

【不審なアンケートをバラ撒いている理由とは?】

このような不審なアンケートをバラ撒く理由は色々あります。

大きな狙いとして挙げられるのは、

  • 「生きているメールアドレスを発見する」
  • 「詐欺行為を行ってお金を巻き上げる」

以上が有力かなと思います。

「生きているメールアドレスを発見する」というのは、アンケートを送ることで「標的発見」と見なされ、不審メールや迷惑メールのターゲットと見なされるということです。

反応があったメールアドレスは、後述するお金を巻き上げることができる可能性があるため、重宝されるようです。

有効なアドレスを集めてリスト化し、犯罪業者に売り渡すという行為も横行しています。

そして最も気を付けないといけないのは、やはり「詐欺行為を行ってお金を巻き上げる」ことです。

例えば今回の場合、東京ディズニーランドの招待チケットというエサでアンケートを送らせて、「チケット受取のために○○の口座に今すぐ手数料を振り込んでください」などと詐欺行為に発展する恐れがあります。

それに応じたところでチケットなど受け取れるわけもなく、単にお金を巻き上がられて終わってしまうと言う結果になってしまうのです。

【もし不審なメールが送られてきたら、どうすれば良いのか?】

ではこのような悪質な不審メールが送られてきたら、一体どうすれば良いのでしょう?

答えは簡単です。

「相手にしない」ことが最も有効な手段です。

犯罪集団は、反応が欲しくて色々な巧妙な手口で誘ってくるわけで、相手にしなければ何の情報も洩れずに済みます。

中には、メールが送られた時点でメールアドレスがバレているのではないかと心配させる方もいますが、メールアドレスは文字の並びであるため、適当な組み合わせを作って自動送信しているだけなのです。

エサを撒いて反応を待つ…まるで釣り人のような感覚で迷惑行為を行っているということですね。

「こんなの相手にするわけがない!」という気持ちになりますが、このような手段がなくならないということは、少なくとも成果を上げているという証拠です。

お金を巻き上げられるだけならまだしも、命に関わるような事件に巻き込まれる可能性もあるため、絶対に相手にしないようにしてください!

Sponsored Link

【困ったら、まず警察に連絡を!】

なかなか抵抗があるとは思いますが、こちらからアクションを起こすのであれば、警察に連絡をするのが良いかなと思います。

間違って返信をしてしまったなど、困ったことがあれば、警察が一番親身になって相談に乗ってくれます。

また、情報提供により被害の拡大を防ぐこともできますので、不審なメールが来たら、まずは警察に連絡するのが良いかと思います!

Sponsored Link