夏だからこそ野菜をたくさん食べる!吉野家からの新提案!

夏は食欲が無くなってしまいますし、冷たいものばかり食べたりして生活リズムが乱れがちです。

だからこそ野菜をしっかりとって、健康に夏を乗り切りたいものです。

スタミナをつけるのも夏を乗り切るのに必要ですが、野菜だって侮れませんよ!

今回は、吉野家の「沖縄タコライス」「べジ牛定食」についてご紹介したいと思います!

Sponsoredlink

img_2903

【吉野家から登場する野菜たっぷりメニューは2つ!】

吉野家から夏を野菜で乗り切るメニューとして登場したのは、一つではありません!

  1. 沖縄タコライスがついに日本全国展開!
  2. 1日の半分の野菜が摂れるべジ牛定食!

どちらも野菜が主役の美味しい限定メニューとなっています。

それでは順番にご紹介しましょう!

【1.沖縄タコライスがついに日本全国展開!】

沖縄タコライス

タコライスとは、メキシコ料理で有名な「タコス」をご飯と一緒に食べる料理ですが、意外なことに『沖縄』の郷土料理となっています。

ですから、沖縄の吉野家には、定番メニューとして「タコライス」があるんですね。

今までは沖縄の吉野家に行かないと、吉野家のタコライスを食べることができませんでした。

しかし、今回ついに沖縄のタコライスは『沖縄タコライス』として、日本全国展開されることになったのです!

沖縄タコライスは、たっぷりのひき肉に、レタス、チーズ、そしてオリジナルのタコスソースをご飯に乗せて、美味しく混ぜて楽しみます。

野菜がたっぷりなので、かなり栄養バランスとしては優れています。

お好みでハバネロソースをかけることができますが、相当な激辛となっていますので、かけすぎにはご注意です!

【2.1日の半分の野菜が摂れるべジ牛定食!】

無題

以前「べジ丼」という、肉無しの野菜オンリーの丼メニューがありました。

今回は、べジ丼をさらに進化させ、『べジ牛定食』として復活を果たしました!

夏野菜と言えば大きめに豪快にカットして調理しますが、べジ牛定食も例外ではありません。

ナス、カボチャ、ブロッコリー、ヤングコーン、パプリカ、オクラといった彩豊かな夏野菜たちが、ゴロゴロっと大きめにカットされています。

これらの野菜を特製のトマトソースで仕上げ、食べ応えのある野菜メニューとなっています。

べジ牛ということで、今回は牛小鉢もついてきますので、牛肉アリのべジメニューを楽しむことができます。

ちなみに1日に必要とされている野菜の半分の量に匹敵しており、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEに関しては1日分が摂れます。

特にビタミンAは緑黄色野菜じゃないとなかなか摂れないのですが、カボチャやパプリカが大きめにカットされているために、ガッツリと摂取可能となっていますよ!

Sponsored Link

【気になる沖縄タコライス&べジ牛定食のカロリーは?】

野菜たっぷりとは言え、どうしてもカロリーが気になってしまいますよね。

沖縄タコライスは並盛で482kcalとなっています。

ほとんどはご飯のカロリーかなと思いますが、食事として500kcalを切っているのはかなりヘルシーだと思いますね。

そしてべジ牛定食については、626kcalとなっており、牛肉がカロリーを底上げしているイメージがありますね。

牛肉のカロリーも気になる方は、牛小鉢を乗せない『べジ定食』がおススメです!

べジ定食だとカロリーは451kcalとなり、沖縄タコライスよりもカロリーオフとなります。

【沖縄タコライスやべジ牛定食はいつから食べられるの?お値段は?】

夏限定メニューとなる、沖縄タコライイスやべジ牛定食は、7/6(木)10:00から開始となります!

終了期間は未定ですが、夏季限定となっていますので、少なくとも8月までは安定して販売してもらえそうですね。

ちなみにお値段については、以下の様になります。

  • 沖縄タコライス(並盛):450円
  • べジ牛定食:590円
  • べジ定食:480円

べジ牛小鉢はセットだと110円で購入できるようなイメージですね。

テイクアウトについては、沖縄タコライスは可能となっているようです。

べジ牛定食の場合は、定食であるためテイクアウトは難しそうですね。

沖縄タコライスは家庭で、べジ牛定食は店内で楽しむのがおススメですよ!

Sponsored Link