レシーポンとは、対象の商品を購入した時に、レシートをカメラで撮って送信するだけでdポイントが獲得できる夢のようなサービスです!

しかもポイントが意外に多く、対象の商品の20~30%の金額に該当することも多いのが魅力の一つです。

ローソンやマクドナルドといった、支払いでdポイントを貯める時は主に1%(100円に1ポイントですから、これはすごいと言っても良いでしょう。

しかし魅力的な還元率があるのに対し、ちゃんと使い方をマスターしていないと損してしまいますので、しっかりと紹介していきたいと思います!

Sponsoredlink

main

【レシーポンでdポイントを獲得するための最初の一歩とは?】

手元にレシートがあっても、そのまま写真を撮るだけではdポイントを獲得することはできません。

幾つかの手順を踏む必要があります。

でも全然難しくありませんので、順番にご説明していきたいと思います!

『レシーポンでdポイントを獲得するには、アプリが必要!』

レシーポンを行うためには、専用のアプリをインストールする必要があります。

ドコモのdポイント公式サイトによれば、アプリは以下の3つが対象のようです。

  • Money forward(マネーフォワード)
  • レシーピ
  • Zaim

どれも無料のアプリとなっていますが、全て家計簿のアプリであるのが特徴的ですね。

中には便利な機能を使うために有料になることもあるようですが、レシーポンを活用する上では無料で問題ありません。

どのアプリでもレシーポンを使うことができますが、2017年1月18日現在行われている「もれなくdポイントがもらえる」キャンペーンで一番おトクなのはマネーフォワード(レシーピとZaimは100ポイントだが、マネーフォワードは200ポイント)だったので、今回はマネーフォワードを使って検証していきたいと思います!

『アプリをダウンロードしたら、dアカウントをセット!』

20160425_mf_press_pic

アプリをダウンロードしたら、早速アプリを起動させます。

マネーフォワードの場合、幾つか質問をされますが、適当に答えて構いません。

どうにもプレミアム会員(有料となるサービス)へ誘導させるような雰囲気がありますが、家計簿に興味がないのであれば、しっかりとスルーしておきましょう(笑)

「早速レシーポンだ!」と思っても、ホーム画面にはありません。

メニューを呼び出し、『お金の関連サービス』の項目を選択すれば、『レシーポン』の存在に気づくかと思います!

o0480053013809374140

ちょっと面倒ですが、レシーポンは意外に深い階層にありますので注意してくださいね。

レシーポンを利用するために更に進んでいくと、dポイントを獲得するためにdアカウントの入力を求められます。

IDとパスワードが必要となりますので、間違えないように入力してくださいね。

僕のように、すっかり忘れている場合は、ドコモのサイトで確認を行ってください。

⇒dアカウントを忘れた場合はここからチェック!(ドコモ公式サイト)

【レシーポン対象の商品ってどれ?】

レシーポンでdポイントを獲得しようとしても、そもそもどの商品ならOKなのか困ると思います。

ここで、対象の商品をご紹介したいと思います!

『初めてレシーポンを起動した時に掲載されていた商品一覧』

  • ポカリスエット ペットボトル250ml(50ポイント)
  • ポカリスエット ペットボトル500ml(50ポイント)
  • ポカリスエット ペットボトル900ml(80ポイント)
  • ポカリスエット ペットボトル1.5L(100ポイント)
  • ポカリスエット ゼリー(50ポイント)
  • ポカリスエット パウダー1L用(50ポイント)
  • ポカリスエット イオンウォーターペットボトル250ml(50ポイント)
  • ポカリスエット イオンウォーターペットボトル500ml(50ポイント)
  • ポカリスエット イオンウォーターペットボトル900ml(80ポイント)
  • カゴメ 野菜生活100オリジナル(20ポイント)
  • カゴメ 野菜生活100エナジードリンク(20ポイント)
  • カゴメ 野菜生活フルーティーサラダ(20ポイント)
  • カロリーメイトブロック チョコレート味4本入り(50ポイント)
  • カロリーメイトブロック メープル味4本入り(50ポイント)
  • カロリーメイトブロック フルーツ味4本入り(50ポイント)
  • カロリーメイトブロック プレーン味4本入り(50ポイント)
  • カロリーメイトブロック チーズ味4本入り(50ポイント)
  • カロリーメイト缶 カフェオレ味(50ポイント)
  • カロリーメイト缶 コーヒー味(50ポイント)
  • カロリーメイト缶 ココア味(50ポイント)
  • カロリーメイト缶 コーンスープ味(50ポイント)
  • 麻婆豆腐の素 中辛(20ポイント)
  • とり釜めしの素(20ポイント)
  • トップ スーパーNANOX(80ポイント)
  • トップ HYGIA(80ポイント)
  • シルコット 99.99%除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ本体40枚(80ポイント)
  • シルコット 99.99%除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ詰替40枚×3個(100ポイント)
  • シルコット ピュアウォーター ウェットティッシュ 本体60枚(80ポイント)
  • シルコット ピュアウォーター ウェットティッシュ 詰替60枚×3個(100ポイント)
  • シルコット 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ本体40枚(80ポイント)
  • シルコット 除菌ウェットティッシ アルコールタイプ詰替40枚×3個(100ポイント)
  • シルコット 除菌ウェットティッシ ノンアルコールタイプ本体40枚(80ポイント)
  • シルコット 除菌ウェットティッシ ノンアルコールタイプ詰替40枚×3個(100ポイント)
  • シルコット 消毒ウェット本体40枚(80ポイント)
  • シルコット 消毒ウェット詰替40枚×3個(100ポイント)
  • シルコット うるうるコットン(40ポイント)
  • シルコット ふきとりコットン(40ポイント)
  • シルコット プレミアムコットン(40ポイント)
  • 香りとデオドラントのソフラン アロマソープの香り(80ポイント)
  • 香りとデオドラントのソフラン フローラルアロマの香り(80ポイント)
  • 香りとデオドラントのソフラ  プレミアム消臭 フルーティグリーンアロマの香り(80ポイント)
  • 香りとデオドラントのソフラン プレミアム消臭 ホワイトハーブアロマの香り(80ポイント)
  • ソフランアロマリッチ ジュリエット(80ポイント)
  • ソフランアロマリッチ マリア(80ポイント)
  • ソフランアロマリッチ スカーレット(80ポイント)
  • ソフランアロマリッチ ダイアナ(80ポイント)
  • サッポロ男梅サワー(20ポイント)
  • ウメカク 果実仕立ての梅酒カクテル ピンクグレープフルーツ(20ポイント)
  • フットメジ 角質クリアハーブ石けんフレッシュハーブ60g(80ポイント)
  • なかったコトに!カロリーバランスサプリメント120粒(80ポイント)
  • 温活女子会プロデュース ほっと見えマスク5枚入り(80ポイント)

いやぁ、これはなかなかすごいですね。

ポカリスエットのペットボトルで見てみても、250mlなら100円しない金額で購入できますが、還元ポイントは50ポイントとなっています。

これはかなりの還元率と言っても良いでしょう!

『ポイントの対象となる商品は、どんどん変わっていく!』

 普段記録しているレシートの情報や、登録内容の情報によって、傾向を独自に分析していく機能が付いているようです。

それにより、より使いやすい商品をピックアップして、クーポンにしてくるとのこと。

例えばずっとポカリスエットばかり購入していたら、ドリンク中心のラインナップになったり、ポカリスエット関連の商品が並べられたりするってことなのでしょうね。

ただでさえ高い還元率を誇っているので、この機能は地味に嬉しいです!

『毎日レシート撮影でポイントGETキャンペーンをやってる!』

獲得できるdポイントは3ポイントと少ないながらも、毎日どのレシートでもとにかく撮るだけでポイントGETできるキャンペーンを行っています。

対象商品を毎日購入しているかどうかは人によりますが、1日通して何も買わない日というのはあまりいないと思います。

写真を撮るだけで良いので、これを習慣にしてしまえば、1ヶ月で90ポイント貯めることができます!

Sponsored Link

【要注意!撮影のルールを守らないと、dポイント獲得できない!】

hotTopics_680x272

レシートを写真に収めていくわけですが、バーコードやQRコードが記載されているわけではないので、送信先で「ちゃんと正しく購入したか」「不正はしていないか」というチェックが行われます。

写真を送信してから審査に合格して、ポイントが付加されるまでおよそ2週間程度かかりますので、ちょっとしたミスによって審査に合格できないとポイント付加まですごい期間がかかってしまうことになりかねません。

またルールを知らずに購入してしまうと、ポイント獲得の対象外となってしまいますので、注意が必要です。

以下にまとめましたので、是非参考にして頂ければと思います。

『購入における注意点:対象となる商品は一度に複数購入したらダメ!』

ペットボトルやお菓子など、1回の買い物で複数購入することがあるかと思います。

しかしレシーポンを活用してdポイントを獲得するのであれば、対象となる商品を複数購入する場合は、面倒でも1個ずつ購入してください。

理由としては、『購入個数に関わらず、1枚のレシートにつきエントリーできるのは1回だけ』だからです。

もしポカリスエット500mlを3本購入した場合、1本ずつ購入してレシートが3枚あれば3回エントリーできますが、3本まとめて購入してレシートが1枚だと1回しかエントリーできないということです。

1つの商品につき、およそ1ヶ月でエントリーできるのは4回まではOKなので、無駄にエントリーできる回数を減らしてしまうのは非常にもったいないです。

面倒だと思っても、dポイントを獲得したいのであれば、1枚のレシートにつき1個になるようにしましょう。

ちなみに異なる対象商品が1枚のレシートに収まっている場合は、それぞれの対象商品でエントリーすればOK(同じレシートを使いまわせる)なので、ご安心ください!

『撮影時における注意点:必要な内容をしっかりと写すこと!』

ただ闇雲に撮影するのではなく、ちゃんと必要な内容がしっかり写っているのかをチェックする必要があります。

写っている必要がある要素は、以下の4項目です。

  • 電話番号(レシート上部(「領収書」の上)に記載)
  • 購入日時(レシート上部(「領収書」の下)に記載)
  • 購入商品名(レシート真ん中に記載)
  • 合計金額(レシート下部に記載)

購入した商品の種類が少なければ特に問題ないのですが、スーパーなどたくさんの種類を購入するとレシートが長くなってしまい、全て写るのが困難となるケースがあるかと思います。

その場合はレシートは折りたたんでもOKですので、ちゃんと全部の要素が読めるように撮ってくださいね!

『撮影後における注意点:写真送信が終わってもレシートは捨てたらダメ!』

もう写真の送信が終わってしまえば、レシートを捨ててしまっても問題ないと思われるかもしれません。

しかし、問い合わせ時に必要になったり、場合によっては再提出を求められたりする可能性がありますので、ポイントを獲得するまでは保管するようにしてください。

【タダでdポイントを大量に獲得できるレシーポンをどんどん活用しよう!】

dポイントは提携しているお店であれば、だいたい100円につき1ポイント還元されるのですが、レシーポンは比にならないくらいの還元率となっています。

対象となる商品はレシーポンを続けていく内に自分用にカスタマイズされていきますし、もし対象となる商品でなくても、レシートの写真を送信するだけで毎日dポイントを獲得することもできます。

意外なことに、まだ浸透していないようなので、1日でも早くタダでdポイントできるレシーポンライフを始めちゃいましょう!

Sponsored Link