愛知県犬山市にある日本モンキーパーク。

さる動物園と遊園地が融合した、夢のようなテーマパークです。

ヒーローショーやプリキュアなど、子どもに人気のイベントを定期的に行うため、チビッコに大人気となっています。

「ディズニーランドよりは手軽」と好んで行くパパ、ママも多いことと思いますが、モンキーパークの割引がすごくお得になっていることはご存知ですか?

今回は、モンキーパークの割引について、徹底調査していきたいと思います。

Sponsoredlink

まずはモンキーパークの料金をチェック

1370101

日本モンキーパークの入場料、そしてアトラクションにかかる料金をまずはチェックしてみましょう!

※掲載されている料金は、2016年12月のものです。

【入場料】

  • おとな(中学生以上):1100円
  • こども(2歳以上):600円

【1日乗り放題券】

  • 大人、小学生:2900円
  • 幼児(2歳以上):2200円

【1日パスポート(入場料+1日乗り放題券のセット)】

  • 大人:3500円
  • 小学生:3000円
  • 幼児(2歳以上):2300円

【駐車場】

  • 1日1台につき1000円

Sponsored Link

一般的な家族が遊びに行った時の料金を徹底調査!

割引をより実感するために、一般的な家族が遊びに行くと想定して、考えてみましょう。

一般的な家族として、パパ、ママ、お兄ちゃん(年長さん5歳)、妹(年少さん3歳)の4人家族が車で日本モンキーパークへ遊びに来たことを想定してみました。

普通に入場した後に、乗りたいアトラクションにどんどん乗った場合

まずかかるのは駐車場代ですが、1000円かかります。

駐車場代は駐車場に入る時に支払うことになるので、事前に準備しておきましょう。

モンキーパークの周りには、格安で止められる個人経営の駐車場があります。

国道41号から来た場合は、おそらくモンキーパークに到着する直前にヒッチハイクのようなおじ様達を見ることがあるかと思います。

個人経営ということで格安となりますが、意外に駐車場が狭かったり、モンキーパークまで距離があったりしますので、ご判断は自己責任でお願い致します。

無事到着すると入場料が必要となりますが、大人2人、子ども2人となるので、3400円ですね。

乗りたいアトラクションに乗る場合ですが、まだ子どもが小学生未満の場合は、基本的に保護者が一緒に乗る必要があります。

1回400円のアトラクションだと、パパもしくはママと、子ども2人ですから、1200円かかることになります。

もちろん1回300円のアトラクションもありますが、大抵乗りたい乗り物(観覧車やメリーゴーランドなど)は400円となっています。

今回の設定だと一番小さい子どもは3歳ですが、例え3歳であっても保護者同伴であれば、とてもたくさんの乗り物を楽しむことが可能となっています。

3歳(身長95cm)、天候が晴れだった場合、保護者同伴であれば以下のアトラクションに乗ることができます。

500円

  • シューテイングライド「デュエル」
  • ダビンチピンチ

400円

  • カード迷路 ぐるり森大冒険
  • わくわく モンキッズジム
  • ダブルデッキメリー(メリーゴーランド)
  • 大観覧車
  • モンパ君のお化け屋敷
  • モンキッズジャングル
  • モンキッズ・アドベンチャー
  • レーザートラップ

300円

  • ドリームサイクル
  • ゴーカート(運転は保護者)
  • アンパンマン ハッピースカイ
  • ごきげんアンパンマン
  • 3Dシアター
  • モンパのサーカスパイロット
  • ストロベリーカフェ(コーヒーカップ)
  • ぷかぷかドルフィン
  • サーキット2000
  • モンピーのふわふわ ハングライダー
  • ZOO ZOOトレイン
  • ビッグパイナップル
  • GO!GO!バナナコースター
  • ウォーターショット
  • レディ・バード
  • モンパ君のシミュレーションライド

200円

  • レッツゴートーマス
  • くるくる大冒険

仮に全て400円の乗り物に乗った場合、10回乗ると12000円となります。

1回ごとのアトラクションはそんなに長くないので、1日遊ぶとなると、10回以上は乗ることになりますが、ここでは10回と仮定しておきましょう。

ここまででかかったお金は、駐車場代1000円、入場料3400円、乗り物代12000円合計16400円となりました。

普通に入場するが、中で1日乗り放題券を購入した場合

駐車場代1000円、そして入場料の3400円は同じですね。

中で1日乗り放題券を買うわけですが、大人2人、幼児2人となりますので、10200円となります。

先ほどの①のケースでは乗り物代に12000円かかりましたが、1日乗り放題券のおかげで10200円しかかかりませんでした。

もしさらに乗りたい場合でも、それ以上はかからないので安心ですね。

全部合わせると、駐車場代1000円、入場料3400円、乗り物代10200円で合計14600円となりました。

アトラクション目当てなので、ワンデーパスポートを購入した場合

最初からアトラクションで遊びまくるぞ!となっていたら、初めからワンデーパスポートを買った方が早いです。

大人2人、幼児2人となるので、入場料と乗り物代を合わせても11600円と一番安くなります。

駐車場代として1000円かかったとしても、合計で12600円となります。

究極!最強の割引はコレしかない!

一番割引率が高くなるのは、1年中遊びまくれる年間パスポートとなります。

大人16000円、幼児9000円と高いものの、大人の年間パスポートには駐車場代が無料になるサービスがかかるので、お得となっています。

大人2人、子ども2人だと、かかる料金は50000円!

高いは高いのですが、もし季節が変わる毎に1回行ったとすると、1年で4回行くことになるので、なんと1回あたり12500円となってワンデーパスポートよりもお得となります。

さらに、1ヶ月に1回の頻度で遊びに行くのであれば、1回あたりなんと約4200円で行くことができます!

なんと1日乗り放題券を買った場合と比べると、10000円も安くなっているではありませんか!

年間パスポートは、あまりにも遠いと何度も来られないかもしれませんが、そこまで遠くないのであれば、検討の余地はあるかと思います。

さらに平日はとても人が少ないため、アトラクションを独り占めしちゃうことも可能なのです。

子どもにはのびのびと楽しんでほしいので、僕は平日にモンキーパークに行くことをおススメします!

Sponsored Link