2017年2月15日(水)より、マックに和風ポテトフライ大学イモの味が登場!

今までマックポテトフライにはチョコレートをコーティングしたり、クルクル巻いてカーリーポテトフライにしてみたり、いろいろな限定メニューが登場しました。

今回はなんと和風に注目し、大学イモに変身してしまうという異例のメニューが登場しました。

今回は、和風ポテトフライ大学イモの味をご紹介していきたいと思います。

Sponsoredlink

和風ポテトフライタレ

【今までありそうになかった、ポテトを和風にするテイストアレンジ!】

ポテト料理はこの世界にたくさんあるわけですが、ポテトフライとはその1つにすぎません。

しかしマックは素晴らしい発想力により、ポテトフライにいろいろな要素を加えることで新しいメニューを生み出し、ポテトファンを唸らせてきました。

そして今回、いよいよ大学イモという純和風なポテト料理が完成したのです!

和風にするという発想は今までありそうでなかったのですが、特製のタレ(タレというか蜜)をかけると、中にゴマが入っていることもあり誰が見ても大学イモに変身してしまうのです!

タレにはハチミツが入っていて、大学イモに近いコクのある甘さを引き出すことに成功しています。

黒ごまにも工夫がされており、従来は黒ごまをそのまま入れるだけなのですが、敢えて練りごまを入れることで風味が増し、さらに美味しさを引き立てているのです。

大学イモはただただ甘いだけのイメージがありますが、ポテトフライはもともと塩で味付けされているので、大学イモよりもパンチの効いた味わいになっているようですね。

逆に味付けされていた方が、子どもも食べやすいんじゃないかなと思いますね。

ポテトチップスが子どもに人気があるのも、その裏付けなのではないかと僕は思います。

【和風ポテトフライ大学イモの味の気になるカロリーは?】

ポテトフライはもともとカロリーが高いため、どうしても甘さを増した大学イモだと気になってしまうと思います。

和風ポテトフライ大学イモの味のカロリーは、503kcalとなっています!

ボリュームは163gとなっていますが、これは通常のマックフライポテトとして見るとLサイズに近いですね。

Lサイズはボリュームが170gでカロリーは534kcalとなっています。

ちょっと比較のために、1gあたりのカロリーを算出してみましょう。

  • 和風ポテトフライ:3.086kcal/g
  • ポテトフライ (L):3.141kcal/g

なんと通常のポテトフライよりも、和風ポテトフライ大学イモの味の方がカロリーオフであることがわかりました!

計算が間違っていると思い、通常のポテトのSサイズとMサイズについても計算してみたいのですが、いずれもLサイズと誤差レベルしか差がありませんでした。

よって、間違いなく「和風ポテトフライ大学イモの味」は通常のポテトフライよりもカロリーが少ない!と言い張れるのです!

Sponsored Link

【気になる販売期間とお値段は?】

販売開始は2/15(水)となるわけですが、販売期間は3月中旬までの予定となっているため、約1ヶ月間は楽しめそうですね。

ちなみにお値段は単品で330円となっています。

マックポテトフライのLサイズが270円ですから、プラス60円というイメージですね。

バリューセットと一緒に和風ポテトフライを楽しみたい場合は、プラス60円でサイドメニューとしてついてくるポテトフライとチェンジが可能となります!

【凝っているのは味だけじゃない!見た目も楽しめるのがポイント】

「和風ポテトフライ大学イモの味」は通常のポテトフライと違って、専用の箱に入れて提供されるわけですが、無粋な箱を使うわけではありません。

数量限定ではありますが、少しでも和風テイストを味わってもらうために風呂敷のデザインをあしらったパッケージが登場します。

和風ポテトフライ風呂敷

ベースとなるのは和の風呂敷をイメージした紫ですが、日本古来から使われている市松、唐草といった伝統の模様が採用されています。

なんでもデザインは全部で6種類ありますので、つい集めたくなってしまいますね。

全6種類のデザインをご紹介したいと思います!

『唐草』

唐草

つる草が絡み合っている様子を表した模様です。

泥棒の風呂敷の柄というイメージがありますが、古来中国から伝わった歴史ある模様です!

『青海波(せいがいは)』

青海波

波を扇状に幾つもの連なっている模様で、「大海のようにずっと穏やかで」という意味のある吉祥の柄です。

古代ペルシャからシルクロードを経て日本に伝わったそうですよ!

『麻の葉』

麻の葉

麻の葉を図案化した模様です。

麻は荷物を運ぶ袋の原材料になるなどとても丈夫で、さらに成長が早いためめでたい模様として重宝されています!

『七宝(しっぽう)』

七宝

七宝とは仏教の教典に出てくる7つの宝のことで、金、銀、瑠璃、玻璃、しゃこ貝、珊瑚、瑪瑙のことを指します。

どこまでも円形が続くため、円満、調和など意味すると言われている柄となっています。

『花菱』

花菱

菱の葉を4枚並べて花に見立てた模様となっています。

武田信玄で有名な甲斐武田家が最初に家紋として使ったとされており、歴史の中にも登場する柄となっています。

『市松』

市松

色の違う2種類の正方形を交互に並べた模様となっています。

江戸時代の歌舞伎役者である佐野川市松が袴の柄として用いたことから、この名前が付いたとされていたようです。

【ちゃんと日本人向けのサービスをしているのが,好感持てると好評】

今回に限った話ではありませんが、数々の挑戦を行っているマックですが、最近は日本人向けをしっかりと意識したサービスを行っていると好感触のようです。

一時は完全に信用を失ってしまったのですが、少しずつまた皆に人気だったマックに戻りつつあることは、1マックファンとしてとても嬉しく思います。

今年は第1回となる総選挙にはじまり、カーリーポテトフライの復活、三角いちごチョコパイの登場、マックカフェメニューの充実、チキンタツタの復活と新作の登場…どれも新しいことにチャレンジしている姿勢が見てとれるかと思います。

今回の和風ポテトフライもきっと美味しいと思いますが、取り組み自体が評価されているというのは、今後のマックにも期待できますし、嬉しい限りです。

ただ一つ心配なのは、またお昼時に長い長い行列ができてしまうこと…まぁでもマックが盛り上がってくれるなら、喜んで行列の最後尾につきたいと思います!

Sponsored Link