史上初のリニューアルを果たした凄チキンタツタ&タルタ登場!

2/7(水)より始まった凄チキンタツタ&タルタですが、行列ができるくらいの人気みたいですね。

史上初のリニューアルということで、いつもより注目を集めているような気もします。

発売日にどちらも制覇した僕が、徹底的に比較していきたいと思います!

Sponsoredlink

題名

【「凄」が全てを物語る、リニューアルされたタツタ&タルタ!】

ソースの卵黄が1.5倍となり、タルタルの卵黄も1.5倍となり、タマゴ感がパワーアップした史上初のリニューアル。

「凄」の名の通り、どちらも凄いリニューアルとなりましたね。

タツタ、タルタルどちらも値段が変わらないため、今回は以下の3本勝負でいきたいと思います。

  1. ボリューム感
  2. 万人受け感
  3. リニューアル感

それぞれのバーガーを食べた際の食レポは以下となります。

マック「凄チキンタルタ」朝マックで食べてみた!史上初のリニューアルは濃厚すぎて圧倒的ボリューム!

マック「凄チキンタツタ」食べてみた!史上初のリニューアルで子どもが平気なくらいまろやかさアップ!

それでは順番にいってみましょう!

【ラウンド1:ボリューム感】

02

ボリューム感としては、タルタルソースが入っている分、凄チキンタルタの方が上だと思いますね。

どれくらいボリュームがアップしているのか、見てみましょう!

【重量】

  • 凄チキンタツタ:165g
  • 凄チキンタルタ:200g

【カロリー】

  • 凄チキンタツタ:382kcal
  • 凄チキンタルタ:474kcal

なんとタルタルソースだけの違いのはずなのに、35gも差があることがわかります。

チキンタツタにもソースが入っているので、この差はなかなかの重さですね。

カロリーもおよそ100kcalも差がありますし、タマゴ感アップは伊達じゃないようです。

ボリューム感は文句なしの凄チキンタルタの勝利です!

【ラウンド2:万人受け感】

03

万人受けとして考えると、やっぱりかつてのレギュラーメニューだった凄チキンタツタに軍配が上がるかなと思います。

最近は復刻でしか姿を見せなかったのに、人気が一向に衰えていないところも評価高いです。

マックのハンバーガーはボリュームあるメニューが多いため、逆にサッパリしたバーガーは貴重です。

最近だとフィレオフィッシュ、ベーコンレタスバーガーくらいしかないのではないでしょうか。

凄チキンタツタもサッパリしたバーガーに分類されるため、老若男女、時間帯を問わずに食べられるという要素は非常に大きいですね。

凄チキンタルタも万人受けはしそうですが、味が濃厚であるため、ちょっと客層を選んでしまう懸念があります。

従って、万人受け感は凄チキンタツタの勝利です!

Sponsored link

【ラウンド3:リニューアル感】

05

今回史上初のリニューアルとなったわけですが、チキンタツタはタツタソースに使われている卵黄が1.5倍、そしてチキンタルタはそれに加えてタルタルの卵黄も1.5倍になるという、ダブルアップとなっています。

リニューアルされた内容で言えば、凄チキンタルタに分があります。

しかしチキンタルタは登場から間もない1年という歳月でリニューアルされましたが、チキンタツタは登場から30年という長い年月待ち望まれていました。

期待に応えるという意味では凄チキンタツタに分があります。

お互いにリニューアル感を出していますので、リニューアル感については、引き分けということになりますね。

【結果は案の定引き分け…好みで判断するしかない!】

03

やっぱりというか、どれも甲乙つけがたい戦いとなりました。

どちらも人気がありますし、素晴らしいリニューアルとなったと思います。

どちらのパッケージにも、内側にはお互いの名前が書かれており、是非両方食べてみて!という宣伝文句まで用意されています。

04

それだけマックとしても両作に自信があるということでしょう。

どちらも値段が同じであるため、両方楽しみやすいですし、是非皆さんにも食べ比べして頂きたいと思います!

懐かしいチキンマックナゲットソースもありますので、とてもおススメですよ!

Sponsored Link