マックシェイクの歴史は、マックの歴史!

マックのデザートとして登場したマックシェイクですが、販売が開始してからもう30年以上になります。

今回は、過去10年のマックシェイクを振り返るとともに、マックシェイクのカロリーランキングを発表していきたいと思います!

Sponsoredlink

20130630234007741

【マックシェイクの過去10年の歴史!】

ランキングにいくまえに、過去10年でどのようなマックシェイクが登場したのかおさらいしてみましょう!

過去10年にリリースされたマックシェイクは、以下の様になります。

【2007年】

  • 3月:カフェラッチェ

【2008年】

販売なし

【2009年】

  • 7月:ヨーグルト味

【2010年】

  • 6月:ヨーグルト味
  • 9月:バナナ

【2011年】

  • 5月:ヨーグルト味
  • 8月:バナナ

【2012年】

  • 3月:アメリカンチェリー
  • 8月:ヨーグルト味
  • 11月:バナナ

【2013年】

  • 3月:抹茶
  • 5月:バナナ
  • 6月:ヨーグルト味
  • 8月:グレープ

【2014年】

  • 3月:ヨーグルト味
  • 4月:バナナ
  • 9月:紫いも

【2015年】

  • 3月:さくらんぼ
  • 5月:ヨーグルト味
  • 7月:ミックスベリー
  • 8月:紫いも
  • 9月:巨峰

【2016年】

  • 5月:甘夏みかん
  • 6月:沖縄パイン
  • 7月:ヨーグルト味
  • 8月:もも
  • 9月:森永ミルクキャラメル

【2017年】

  • 3月:北海道メロン
  • 4月:完熟キウイ
  • 5月:ベリーベリーベリー

いかがでしょうか?

意外なことに2008年には販売がなかったのですが、主な原因としては前年である2007年4月に同じコールドスイーツであるマックフルーリーが新登場したことが挙げられます。

マックフルーリーが登場してからは、長い間マックフルーリーを推すイベントやキャンペールが実施されたため、マックシェイクの開発が控えめだったと推測されます。

とは言うものの、2009年から少しずつ販売を再開し、2012年には待望の新作が登場するなどマックシェイクにもスポットライトが当てられるようになりました。

今ではマックシェイクとマックフルーリーの2大巨頭でコールドスイーツは成り立っていますね。

マックシェイクファンとしては、嬉しい限りです。

それでは、お待たせしました!

マックシェイクのカロリーランキングベスト5を発表していきましょう!

【マックシェイクのカロリーランキングベスト5!】

『第1位:バナナ(341kcal)』

0815_1

過去10年においては、2010年から5年連続でリリースされたバナナが第1位となりました。

実はそれ以前にもずっとリリースされていて、伝統的な一品となっています。

バナナはすぐエネルギーに変わることから、アスリートにも好まれているスイーツです。

エネルギーに変わりやすいということはそれだけカロリーが高いということですから、注意が必要ですね。

ミルク風味となっていることも高カロリーの要因かもしれません。

ここ2年はリリースされていないので、もしかするとそろそろ販売されるかもしれませんね。

Sponsored Link

『第2位:グレープ(340kcal)』

2013-08-26-154708

2013年8月に販売された限定メニューが堂々の第2位にランクインとなりました!

2015年9月に巨峰が販売されていますが、それともは別になっています。

もぎたてのみずみずしさをイメージしているものの無果汁であるため、カロリーが高くなっているのかもしれませんね。

『第3位:森永ミルクキャラメル(339kcal)』

s16

キャラメル風味という時点で高カロリーが確定しているようなものですが、僅差でバナナとグレープが上回ったため、予想に反して3位となりました。

実際のミルクキャラメルと食べ比べを推奨するなど、かなりの自信作だったため、カロリーは全く惜しんでいない感じでしたね。

『第4位:カフェラッチェ(332kcal)』

234

「ちょっと大人なマックシェイク」がコンセプトだったカフェラテ風味に仕上がったカフェラッチェが第4位にランクインとなりました。

エスプレッソテイストではあるものの、たくさんのシロップが投入されたことにより、高カロリーとなってしまいましたね。

個人的にとても好きだったので、また復刻して欲しい一品です!

『第5位:チョコレート&ストロベリー&ミックスベリー(329kcal)』

g32DYoNOg1aDRoNDg0708g

定番となっているチョコレート&ストロベリーと、2015年7月にリリースされたミックスベリーがベスト5にランクインとなりました。

定番の2種類については、味はしっかりと濃厚ですし、あっさり目なバニラとは一線を画す美味しさです。

あれだけ濃厚なのですから、高カロリーは頷けますね。

そしてミックスベリーですが、ラズベリー、ストロベリー、クランベリーの3種類のベリーがミックスされた豪華な一品です。

甘酸っぱい風味を出してくれているのですが、舌ざわりをクリーミーにするためにミルクを多く入れたことでカロリーがアップしてしまったようですね。

【過去10年に登場したマックシェイクのカロリーランキング!】

それではベスト5を含めた、過去10年に登場した全てのマックシェイクのカロリーランキングを発表しましょう!

  • 第1位:バナナ(341kcal)
  • 第2位:グレープ(340kcal)
  • 第3位:森永ミルクキャラメル(339kcal)
  • 第4位:カフェラッチェ(332kcal)
  • 第5位:チョコレート(329kcal)
  • 第5位:ストロベリー(329kcal)
  • 第5位:ミックスベリー(329kcal)
  • 第8位:抹茶(316kcal)
  • 第9位:アメリカンチェリー(314kcal)
  • 第10位:ヨーグルト味(313kcal)
  • 第11位:甘夏みかん(310kcal)
  • 第12位:巨峰(307kcal)
  • 第13位:沖縄パイン(306kcal)
  • 第14位:紫いも(305kcal)
  • 第15位:北海道メロン(304kcal)
  • 第16位:もも(278kcal)
  • 第17位:さくらんぼ(274kcal)
  • 第18位:バニラ(205kcal)

2017年3月現在、18種類のマックシェイクがありますが、2017年もまだまだ登場しそうなので、新メニューが登場する度にランキングに反映していきますので、お楽しみに!

Sponsored Link