ただの復刻じゃない!マックシェイク「紫いも」がパワーアップして帰ってきた!

秋と言えばお芋の季節ですが、久しぶりにマックシェイクに「紫いも」が帰ってきました!

しかも!ただの復刻ではなく、ホッコリしたサツマイモが入っているとのこと!

一体どんなマックシェイクになっているのか?期間は?値段は?

今回は、20189月のマックシェイク「紫いも」についてご紹介しますよ!

Sponsoredlink

【パワーアップして帰ってきたマックシェイク「紫いも」!】

マックシェイク「紫いも」は、2014年と2015年と2年連続で登場し、秋の風物詩となった伝説のマックシェイクとなっています。

最近はお菓子とのコラボがマックシェイクの流行りとなっており、20169月は「森永ミルクキャラメル」、20179月は「チェルシー」が登場していました。

そのため、秋に登場するのがピッタリな「紫いも」が登場する機会が減ってしまっていたのです。

今年は、月見バーガーの大ヒットもあり、「より秋らしい」メニューを意識してか、再び「紫いも」がマックシェイクに帰ってきたというわけです。

しかし!ただの復活で満足しないのが今のマックであり、もちろんパワーアップして帰ってきました!

「紫いも」に加えて、今回は「サツマイモ」もホッコリ入っちゃいましたよ!

「紫いも」と「サツマイモ」の相性がどれくらい良いのか、ちょっと見てみましょう!

【緊急開催!「紫いも」と「サツマイモ」の相性はどうなっている?】

秋のお芋の代表格である「紫いも」と「サツマイモ」ですが、そもそも相性はどうなっているのでしょうか?

それぞれの特徴についてご紹介していきましょう!


『紫いも』

外見は紫色、切ってみても紫色や赤みを帯びた色をしていて、見れば「紫いも」だとわかりますね。

では味はどうなのか?と言いますと、紫いもは甘さは控えめとなっており、イモ本来の甘みを活かした焼き芋などには向いていません。

紫いもの焼き芋を見ないのは、甘さが控えめなのが理由なのです。

その代わり、モンブランやスイートポテトといった、甘さがすっきりとしているスイーツとの相性はバツグンで、どちらかというとオトナの芋というイメージがピッタリ合います。


『サツマイモ』

一般的に「サツマイモ」と言われるのは、見た目が赤や紫だけど、切ってみると白や黄色に近い色をしているイモのことですね。

サツマイモは紫いもとは逆で、糖度が高く甘いのが特徴です。

焼き芋はもちろん、蒸し芋にしても甘さがしっかりと出て、美味しいですよね!

サツマイモ自体が甘いため、サツマイモ本来の甘さを引き出した料理が多くなっています。


『紫いもとサツマイモとの相性は?』

紫いもとサツマイモ、それぞれに甘さに特徴があることがわかりましたね。

2014年、2015年に登場したマックシェイク「紫いも」は甘さスッキリとなっていましたが、今年のマックシェイク「紫いも」はソフトクリームではなく、サツマイモによってホッコリとした甘みがある豪華なマックシェイクになることでしょう!

つまり、紫いもとサツマイモの相性は、最高と言うことですね!

Sponsored Link

【マックシェイク「紫いも」のカロリーは?】

気になるマックシェイク「紫いも」のカロリーですが、以下の様になっています。

  • Mサイズ:346kcal
  • Sサイズ:216kcal

これだけではカロリーが高いかどうかがわかりませんので、歴代のマックシェイクと定番のマックシェイクと比較してみましょう!

サイズはMサイズで比較してみたいと思います。

  • 定番「バニラ」:348kcal
  • 定番「チョコレート」:360kcal
  • 定番「ストロベリー」:357kcal
  • 20165月「甘夏みかん」:310kcal
  • 20166月「沖縄パイン」:306kcal
  • 20167月「ヨーグルト味」:313kcal
  • 20168月「もも」:278kcal
  • 20169月「森永ミルクキャラメル」:339kcal
  • 20173月「北海道メロン」:304kcal
  • 20174月「完熟キウイ」:304kcal
  • 20175月「ベリーベリーベリー」:329kcal
  • 20176月「カルピス」:269kcal
  • 20178月「もも&もも」:280kcal
  • 20179月「チェルシー」:349kcal
  • 20183月「カフェオーレ」:271kcal
  • 20185月「森永ミルクキャラメル」:355kcal
  • 20186月「カルピス」:299kcal
  • 20188月「もも3種いれちゃいました」:301kcal
  • 20189月「紫いも」:346kcal

300kcalを大幅に上回っているものの、定番のシェイクと比べるとほとんど差はありませんね。

以前であれば、346kcalは高い方だったのですが、定番であるマックシェイクのカロリーが高くなったため、標準的となりました。

意外に知られていませんが、実は今年の春からマックシェイクのカロリーは上がっているのですが、ご存じでしたか?

5月と6月に登場した復刻マックシェイクを比較してみると、カロリーが上がっていることがおわかりになるかと思います。

【森永ミルクキャラメル】

  • 20169月:339kcal
  • 20185月:355kcal

【カルピス】

  • 20176月:269kcal
  • 20186月:299kcal

この2つのマックシェイクは復刻という名目で登場しているにも関わらず、1530kcal上がっているのです!。

計算方法が違うとか、何かトッピングが増えたとか、そういう理由ではなかったのです!

気になってマックに直接聞いてみたのですが、衝撃な回答を貰ったので、僕と同じように気になった方はチェックしてみてください!

マックフルーリーとマックシェイクのカロリーが2018年春に増えた!電話で問い合わせたら、驚愕の理由が返ってきた!

まさかワッフルコーンが原因だったなんて、驚きです…!

【マックシェイク「紫いも」のお値段は?】

マックシェイク「紫いも」のお値段は、以下の通りです。

  • Mサイズ:200
  • Sサイズ:120

お馴染みなお値段ですね。

いろいろなマックシェイクがあるのに、ずっと同じ値段というのもすごいなぁと思います。

【マックシェイク「紫いも」の期間はいつからいつまで?】

マックシェイク「紫いも」が楽しめるのは、9/26(木)からとなっています。

予定では10月下旬まで楽しめるようなので、およそ1ヶ月の期間と思っておけば良いかなと思います!

【今回もあります!限定カップ!】

最近はマックシェイクの恒例となっている限定カップですが、今回「紫いも」にも用意されていますよ!

ちょっと見てもわかりにくいかもしれませんが…赤線で囲ってあるココです!

そうです、落ち葉をイメージした絵柄になっているんです!

秋だからといって、しんみりしすぎないように、ちょっと明るい絵柄になっているのが特徴ですね。

なお、全てのマックシェイクで落ち葉パッケージとなりますので、マックシェイク「紫いも」にしなくても、秋を満喫することが可能となっていますよ!

Sponsored Link