5ピース200円とリーズナブルで食べることができるチキンマックナゲット。

実はチキンマックナゲットって4つの型に分類できることはご存知でしたか?

今回は4つの型をご紹介しつつ、どうして4つの型に分類されているのか調査してみました!

Sponsoredlink

mig

【チキンマックナゲットの型とは?】

チキンマックナゲットは、どれもだいたい同じくらいの大きさをしていますが、よく見てみると形が微妙に違うことに気づくかと思います。

実はチキンマックナゲットには、あらかじめ4つの型が決まっているのです!

4つの型とは、以下の様になっています。

  • 骨型(超ネクタイ型)
  • ブーツ型
  • ボール型
  • ベル型

いつも何事もなく食べているチキンマックナゲットですが、4つの型があるという目線で見てみると、「見たことある!」となりますね。

どの型も大きな偏りなく入っているため、無意識ながら安定感を生んでいるのです。

この4つの型には、作る側のマックと、食べる側の僕ら双方にメリットがあると言われています!

【マック(作る側)のメリット】

  1. 全て同じくらいの大きさとなるため、調理時間が安定する
  2. ソースの容器のサイズは1つ用意すれば十分になる

【お客さん(食べる側)のメリット】

  1. 大きさが安定するため、箱ごとで量の差に当りハズレがない
  2. 形が違うため、飽きがなく新鮮な気持ちで楽しめる

それでは一つずつメリットをかみ砕いていきたいと思います。

【マック(作る側)のメリット】

『メリット①:全て同じくらいの大きさとなるため、調理時間が安定する』

マックのメリットとして「調理時間が安定する」とありますが、マックのメニューはどれもオーダーを受けてから調理を始める仕組みになっています。

作り置きを否定するため、お客側目線で見ると安心感があって良いのですが、一方で調理時間が長くては文句が出てしまいます。

そのためできるだけ短い調理時間を要求されてしまうのですが、調理時間が安定することで時間短縮となり、短い調理時間を実現することを可能としているのです。

『メリット②:ソースの容器のサイズは1つ用意すれば十分になる』

ソースの容器ですが、あのソースの容器はチキンマックナゲットの断面が丁度収まるような大きさとなっています。

チキンマックナゲットのためにあるソースなのだから当然と思われるかもしれませんが、全てのチキンマックナゲットで同じ食べ方ができるというのは実はすごいことなのです。

だいたいのソースは容器じゃなくてビニル製になっていて、自分でソースをかけるというスタイルになっています。

このスタイルは別に悪いわけではありませんが、どうしても全てのピースに均等の量をかけることはできず、ちょっと残念な気持ちが出てしまいます。

しかしチキンマックナゲットのソースは容器になっているため、1ピース目も5ピース目も同じ量のソースをつけて食べることができるのです。

最後まで美味しく食べてほしいというマックの気持ちが表れているように感じますね。

容器はコストがかかると思いますが、容器の型を1つに絞れているため、コストを意識した攻めを展開できていると思います。

Sponsored Link

【お客さん(食べる側)のメリット】

『メリット①:大きさが安定するため、箱ごとで量の差に当りハズレがない』

続いてお客側のメリットですが、大きさが変わらないことでチキンマックナゲットの入った箱を開けた時のガッカリ感を無くしているのは良いですね。

安心感があるのはもちろんですが、お客さんとしては損をしたくないという気持ちが強いため、ネガティブなイメージを持たれないようにする対策は重要だと思います。

『メリット②:形が違うため、飽きがなく新鮮な気持ちで楽しめる』

そして僕が一番のメリットだと感じるのは、「飽きがなく新鮮な気持ちで楽しめる」ところです。

大きさが変わらないことは確かに大事ですが、大きさが変わらない安心感がある上で、形が少しずつ異なることで新鮮な気持ちになれるというのは対極にある要素が楽しめるミステリアスな魅力であると言えます。

もし全ての形が同じであったなら、1ピース目に感動があっても、2ピース目からは感動は生まれません。

理由は1ピース目と同じであるために新鮮味がないからです。

あまり意識するところではないのですが、「おっ、ブーツのような形をしているな」とつま先に少しソースをつけて食べてみる、という遊び心を演出することで飽きがこないという点では大きいメリットに感じます。

【マック不信になった象徴だからこそ、復活の象徴にしてほしい!】

ずっと人気のあった中でのマック不信。

原因となったメニューはチキンマックナゲットでした。

一時販売停止にまで追い込まれるほどの大打撃を受け、マック不信の象徴となってしまいました。

だからこそ、今の快進撃の復活の象徴にしてほしいなというのがマックファンの思いでもあります。

実際にチキンタツタの復刻でもチキンマックナゲットの特製ソースが登場しましたし、ハッピーセットのクーポンにはチキンマックナゲットが含まれています。

今年のマックは温故知新の精神があるように感じますので、ぜひチキンマックナゲットも快進撃を続けてほしいと思います!

ただし、あまり食べ過ぎると塩分と悪玉コレステロールの悪影響が出てしまいますので、注意してくださいね!

⇒マクドナルドのナゲットは高カロリー!でも気を付けるべきは塩分と悪玉コレステロール!

Sponsored Link