10/18(水)からはじめてのトリック・オア・トリートが始まります!

ハッピーセット30周年を記念しての「はじめて、ぞくぞく」キャンペーンの一環として、いろいろなキャンペーンが行われていますが、ハロウィンでもキャンペーンが開催されることが明らかとなりました!

ハッピーセットを注文すると、なんと合言葉があれば仮装グッズがプレゼントされるとのこと!

ハロウィンの仮装グッズとは?他にもスペシャルが用意されているのか?

今回は、ハッピーセット30周年「はじめてのトリック・オア・トリート」についてご紹介します!

Sponsoredlink

題名

【子どもが主役のハロウィンを、マックが楽しく後押し!】

今年はハッピーセット30周年ということもあり、春のイースターの時期には宝さがし、ゴールデンウィークにははじめての注文、そして夏休みにはチャレンジブックのプレゼントなど、いろいろな子ども向けのイベントを開催してきました。

マックのハッピーセットは2017年で30周年!4月から感謝を込めた子ども向けイベント開始!

もうしばらくはないかなと思っていたのですが、なんとハロウィンでもスペシャルイベントを開催してくれるようです。

確かにハロウィンの主役は子どもですもんね!

イベントの内容としては、ハッピーセットを購入すると、もれなくマクドナルド限定の仮装グッズと引き換えられる「ハロウィン仮装グッズ引換券」がプレゼントされます。

引換券を子どもがレジまでもっていき、店員さんに引換券に書いてある合言葉を伝えると、その場でマック限定の仮装グッズが貰えるのです!

【マック限定の仮装グッズとは?】

マック限定のハロウィン仮装グッズは、『クラウン型(王冠ですね)』の紙製仮装グッズとなっています。

ただの王冠ではなく、付属で付いてくるハロウィンのデザインが施されたパンプキンや、可愛らしいコウモリの翼がついたハッピーセットボックスなどのパーツを自分でデコレーションすることができる優れモノ!

自分だけのオリジナル王冠を作ることが出来ちゃうのです!

兄弟がいる家庭であっても、それぞれ違う王冠が作れるのは嬉しいですよね。

僕の場合は、子どもが3人いるのですが、それぞれオリジナルの王冠ができますので、取り合いのケンカにならずに済みそうです(笑)

【仮装グッズがもらえる期間はいつからいつまで?】

クラウン型の紙製仮装グッズと引き換えられる「ハロウィン仮装グッズ引換券」は、10/18(水)~10/31(火)に配布されます。

この引換券は、ハッピーセットを購入した際に貰えますので、ご注意ください。

そして引換期間についてですが、10/18(水)~11/14(火)となっています。

まとめると、以下のようになります。

  • 引換券の配布:10/18(水)~10/31(火)
  • 引換券の引換:10/18(水)~11/14(火)

始まりは同じ日となりますが、終了は引換の方が2週間長くなっています!

ちなみに、ハッピーセットを購入すればもれなく引換券は配布されますが、引換券には数に限りがありますので、どうしても欲しい方は早めにゲットすることをおススメします。

Sponsored Link

【ハロウィンキャンペーンは仮装グッズだけじゃない!】

box

ハロウィンキャンペーンは、仮装グッズの他にも、ハッピーセットボックスがハロウィンデザインになるスペシャルなイベントも同時に行われます。

いつものハッピーセットがハロウィン仕様になるなんて素敵ですね!

また、ハッピーセット30周年特設サイトにある「はじめてフォトメーカー」には、ハロウィン限定のスタンプが登場しますので、是非チェックしてみてください!

stanp

【ハロウィンイベント最大の魅力は、合言葉にあり!】

今回の仮装グッズプレゼントキャンペーンですが、よくよく考えてみると、ハッピーセットを購入した段階で、いつものハッピーセットのおもちゃ同様にその場で仮装グッズをプレゼントした方が手っ取り早いと思います。

わざわざ引換券を用意して、レジまで引換えさせるというのは、ちょっと手間だなと思ってしまいますよね。

しかし、実はこの過程にこそ、マックの狙いがあると僕は感じました。

ポイントは「合言葉」であり、合言葉を伝えることでプレゼントを貰うという部分にイベント感があるのだと思います。

いつものハッピーセットのおもちゃは、ハッピーセットに付いてくるおまけであり、受け身です。

しかし合言葉を伝えることでプレゼントが貰えるというのは、受け身ではなく能動的(自分から行動する)と言えます。

きっとマックは子ども自らがアクションを起こせるようにするイベントを考えているのだと思いますね。

それは親が子に願う部分と重なる部分があるなと父親ながらに感じてしまいました。

そんなに大げさな話ではないかもしれませんが、ささやかなきっかけで、改めて子どもの成長のことを考えさせられましたね。

そして!これは僕の推測ですが、きっとその合言葉は「トリック・オア・トリート」であり、それを言わせるのも目的の一つなのでは?と思います。

まだハロウィンのイベントって、クリスマスほどメジャーにはなっていないため、少しでもハロウィンの雰囲気を作りたかったのかなという憶測です。

今年のハロウィンは、いつもより賑やかになりそうで楽しみです!

Sponsored Link