「マックで食べてると全然野菜を食べられない」

マックはとても美味しいのでマックに通っているのですが、どうしても気になってしまうのが「野菜の摂取不足」です。

今回は、なんと120gもの野菜を詰め込んだグリーンスムージーがマックに登場することになったので、ご紹介したいと思います!

Sponsoredlink

無題

【1日推奨野菜摂取量の1/3が、たった一杯で摂れてしまうスムージー!】

長らくマックに通っている僕ですが、どうしても野菜が不足がちなライフスタイルになってしまうのは否めません。

過去には子ども向けのベジタブルバーガーなんてものもありましたが、大人だって野菜を適量摂る事って簡単なことじゃないわけでして。

しかし!今回そんな現代ならではの問題を、マックが全面解決してくれることになりました。

1日推奨野菜摂取量の1/3がたった一杯で摂れてしまうグリーンスムージーを、マックカフェ併設店舗限定ではありますが、提供されることとなったのです!

【マックが自信を持って提供するグリーンスムージーとは?】

1日推奨野菜摂取量の1/3が入っているスムージーとなるわけですが、そもそも1日推奨野菜摂取量とは、厚生労働省が推進する「健康日本21」の中で出てくる1日あたりの野菜摂取量の目標値のことです。

量としては1日平均350g以上となっているのですが、野菜はかさばるものが多いことから、350gは想像以上にボリュームのある量なのです。

今回のグリーンスムージーでは、そのうちの1/3となる120gの野菜汁を使用しています。

野菜の内訳としては、

  • にんじん
  • 小松菜
  • ホウレンソウ
  • キャベツ
  • レタス
  • ブロッコリー
  • アスパラ
  • ケール
  • パセリ

合計9種類となっています。

さらに飲みやすくするために果物も入っています!

果物の内訳としては、

  • キウイ
  • バナナ
  • リンゴ

3種類が入っています。

特にリンゴは野菜ジュースにも入っていますし、マイルドにするのに適しています。

青汁の材料として有名なケールが含まれているのですが、青汁の材料になるのにふさわしい「強い苦み」を持っているので、フルーツが入っているのはとてもありがたいですね。

Sponsored Link

【気になるお値段は?期間はどうなってるの?】

グリーンスムージーはMサイズとLサイズがあり、値段はそれぞれ異なります。

  • Mサイズ:390円
  • Lサイズ:430円

期間については、レギュラーメニューとして追加されますので、期間は無期限となります!

開始は3/22(水)となっていますので、今から待ち遠しいですね!

但し、マックカフェ併設店舗でしか購入ができないため、あらかじめ近くにマックカフェ併設店舗があるかどうかチェックをお願いいたします。

⇒マックカフェ併設店舗を探してみる!

【単品でしか購入できないの?セットメニューはないの?】

q

単品でしか購入できないと、なかなかバリューセットを注文すると値段が1000円とか跳ね上がってしまって躊躇してしまいますよね。

ですから、グリーンスムージーはバリューセットのドリンクとして注文可能です!

従来のMサイズドリンクと比べると値段が全然違うため、グリーンスムージーをセットのドリンクにする場合は200円の追加料金がかかってしまいますが、200円追加するだけの価値はあると思いますよ!

【グリーンスムージーだけじゃない!マンゴースムージーも登場!】

m

バリューセットのドリンクについては、グリーンスムージーの他にマンゴースムージーを200円追加で注文することもできます。

マンゴーはとても栄養価の高いフルーツで、目の疲労回復になると言われているビタミンA、生活習慣病を防ぐβカロテンが豊富となっています。

特にマンゴーには「花粉症の予防」の効果があり、これから花粉で苦しめられる季節をマンゴーで乗り切ることだってできるかもしれません!

現代人に、特にオフィスで働く社会人にとって、マンゴーはうってつけのフルーツなのです!

Sponsored Link