2017/10/20(金)から、全米で話題の食べられるフォークの争奪戦始まる!

マックの10月はベーコンポテトパイに始まり、ハロウィンにHOTJAPANと目白押しなわけですが、更にフロークのキャンペーンが行われることになりました!

全米で話題になっているフロークですが、日本では全く馴染みがないみたいですね。

それなのに東日本でしか開催しないらしく、波紋が広がっているようです。

フロークとは一体どんなフォークなのか?そして東日本でしか開催しない理由とは?

今回は、全米で話題の食べられるフォーク「フローク」についてご紹介したいと思います!

Sponsoredlink

無題

【食べられるフォーク「フローク」って一体何者?】

全米で話題だと言われても、日本ではほとんど名の知られていない「フローク」

このフロークは今年の5月、アメリカのマックで配られたアイテムであり、アメリカらしい遊び心に溢れたものでした。

使い方は簡単で、フロークの先にマックフライポテトを3本刺すだけ!

マックのパッケージを意識したデザインとなっており、素材はシリコンなので刺さりやすくなっています。

プラスチックだと刺さってもすぐに落ちてしまいますからね…

ぱっと見フォークに見えるので、食べられるフォークと呼ばれているわけです。

さて、ではフロークはどのようにして活用するのか?

フォークのような形はしていますが、所詮先端はマックフライポテトですから、マックチキンナゲットを刺すことはできませんし、プチパンケーキを半分にすることもできません。

フロークの正しい活用方法は、ハケのようにして使うのがミソとなっています。

例えば…

  • マックチキンナゲットのソースを、ナゲットに付ける。
  • こぼれてしまったバーガーのソースを付ける。
  • リンゴ&クリームをプチパンケーキに塗る。

このように、意外にもフロークを役立てることは可能となっています。

さらに使い終わった後は食べられますから、ムダもありません。

アメリカでは使いどころが無いところが人気だったみたいですが、日本では使いどころが無いと思われるものを有効活用しちゃう知恵がポイントとなります。

【どうやったらフロークをGETできるのか?】

suc

フロークをGETするには、グランシリーズのバリューセットを注文すると貰える、スクラッチカードで「あたり」を出すだけでOKです!

「あたり」が出た時点で、その場でフロークが進呈されますよ!

グランシリーズとは、3種類のレギュラーバーガーとなります。

  • グラン クラブハウス(バリューセットで790円)
  • グラン ベーコンチーズ(バリューセットで690円)
  • グラン てりやき(バリューセットで690円)

グランシリーズが登場してから10月で半年となるわけですが、実は今回のキャンペーンはグランシリーズ生誕半年を感謝して行われているものなのです!

感謝キャンペーンであるため、スクラッチカードは空くじになっていません。

  • 「あたり」⇒見事フロークGET!
  • 「はずれ」⇒マックフライポテトMサイズ150円クーポンとして利用可能!

マックフライポテト150円キャンペーンはよくアプリクーポンで見かけますが、アプリクーポンの期間外で使用するとオトクとなりそうですね。

Sponsored Link

【フロークスクラッチが行われる期間は?】

開始は10/20(金)10:30と予定しています。

そして終了は11/1(水)04:59を予定しており、およそ2週間となります。

思ったより開催期間が短いですが、スクラッチカードには数に限りがあるため、期間内であっても無くなってしまう恐れがあります。

あまり役に立たない物は好まない日本人ですが、それ以上に限定に弱いのが日本人であるので、安心はできません。

僕もフロークが欲しくてウズウズしてますからね…!

【どうしてフロークキャンペーンは東日本限定なのか?】

joriku

日本全国のマックフライポテトファンが直感で欲しいと思ったフローク。

しかし残念ですが、西日本の方はスクラッチカードを得るチャンスすらありません。

というのも、今回のキャンペーンは東日本限定となっているからなのです。

フロークと東日本は特に関わりがないため、理由は他にあるのではないかと思います。

個人的に影響が大きいなと思うのは、「夜マック」と「東西対決」です。

夜マックは東海3県限定となっていますが、全国展開の要望が強まっているにも関わらず、まだ東海3県がスペシャルな扱いをされています。

そしてもう1点は8月に行われたマック軍とマクド軍の東西対決です。

僅差ではあったものの西のマクド軍が勝利し、王道だと言われていた東日本スタイルが敗北してしまいました。

以上の2点より、「東日本が全く目立っていない」という懸念があったのではないかと思います。

もしかすると東日本の売上げに影響が出ているのかもしれませんね…

ちょっと影が薄くなっている点についてはわからなくもないですが、今回のキャンペーンがグランシリーズへのご愛顧に感謝を込めたものであるならば、全国展開して欲しかったと思ってしまいますね。

map

東日本限定と言っておきながら、なぜか北海道が含まれていないというのも謎ですし…

もし第2弾があるとしたら、次は全国のマックでキャンペーンをやって欲しいものです!

Sponsored Link