1年ぶりの東西対決は、まさかのご当地グルメバーガー!

去年人気だった東西対決ですが、今年も開催されることになりました!

しかも今回は「ご当地グルメバーガー」となり、計3種類の新作バーガーが登場します!

東西を分けるご当地グルメバーガーとは、一体どこの地域なのか?

一体どんなバーガー?期間は?値段は?

今回は、ご当地グルメバーガー2018について、ご紹介します!

Sponsoredlink

【ご当地グルメバーガーは、宮崎VS名古屋VS金沢の三つ巴!】

気になるご当地グルメバーガーですが、今回の東西対決は宮崎、名古屋、金沢の三つ巴で行われます。

去年の東西対決は東京と大阪という東西代表でしたが、今年はご当地カラーが強く出ていますね。

三つ巴のバーガーは、以下の3つです。

  • 宮崎:チキン南蛮バーガー
  • 名古屋:みそカツバーガー
  • 金沢:黒カレーカツバーガー

それぞれの地域でのご当地名物がそのままバーガーになったという形ですね。

それでは順番に、ご紹介していきましょう!


『宮崎名物:チキン南蛮バーガー』

まず1つ目は、九州の宮崎県が誇る「チキン南蛮バーガー」です。

チキン南蛮は宮崎が発祥と言われ、洋食屋さんのまかないとして食べられていた「鶏の唐揚げの甘酢かけ」が原形となっているようです。

甘酢はアジの南蛮漬けで使われているものと同じだったため、「鶏の唐揚げの甘酢かけ」は『チキン南蛮』と呼ばれるようになり、洋食屋さんのメニューに並べられたそうです。

チキン南蛮の特徴であるタルタルソースは、まかないがルーツということもあり、当初はなかったそうですが、味にインパクトを求めた結果、タルタルソースが主流になっていったと云います。

チキン南蛮の酸味と甘み、そしてタルタルソースの濃厚なインパクトは人気を博し、一気に全国へ広まったということですね。

今回の『チキン南蛮バーガー』も、南蛮ソースとタルタルソースにこだわりを持っています。

南蛮ソースは、カツオの旨味を穀物酢に加え、まろやかでありながらコクのあるソースに仕上がっています。

タルタルソースはタマゴをタップリと使用し、濃厚でチキンパティとの相性もバッチリです!


『名古屋名物:みそカツバーガー』

名古屋の代名詞と言われる味噌ですが、名古屋の味噌は赤みがあり「赤味噌」と呼ばれています。

赤味噌には、大豆のみで作る豆味噌と、大豆に米麹を入れる米味噌がありますが、名古屋の赤味噌は大豆のみで作る豆味噌です。

豆味噌に糖分を加えた「赤だし味噌」で味噌汁を作ったりするのですが、一般的に「赤味噌は甘い」と言われるのは、「赤だし味噌」の影響かもしれませんね。

というわけで、早速名古屋名物のみそカツバーガーを食べてきましたよ!

食レポは以下にまとめました!

マック名古屋名物みそカツバーガーを本場の名古屋人が食べてみた!この味噌はあのソウルフードの味にそっくりです!

今回の『みそカツバーガー』もしっかりと豆味噌を使っておりコクと風味はもちろん、上質な甘さが特徴のみそカツソースで仕上げています。

みそトンカツをイメージしているため、シャキシャキのキャベツがたくさん入っており、歯応えもバッチリですよ!


『金沢名物:黒カレーカツバーガー』

最近全国でも人気のある黒カレーですが、もともとは金沢でカレー屋さんを営んでいた洋食シェフが考案したものです。

金沢でレシピが出回ったため、金沢独自のカレーが広まったようですが、「金沢カレー」という名前がついたのは最近のことだと云います。

黒カレーの特徴は何と言っても「色」ですが、これはスパイスをローストすることでカレーが黒くなるようです。

ステンレスの皿、ルーの上に載ったソースかつ、キャベツの千切りといった、黒カレーの特徴は、当初からずっと受け継がれていますね。

今回の『黒カレーカツバーガー』も例外ではなく、サクサクしたとんかつパティに黒カレーソース、シャキシャキのキャベツがしっかりと盛り込まれています。

黒カレーソースは、様々なスパイスやウスターソースを使用し、芳醇でコクがしっかり出ています。

ホワイトチェダーチーズが挟んでありますが、チーズは金沢カレーのトッピングとして親しまれており、今回の黒カレーカツバーガーに採用されているようですね!

Sponsored Link

【地域限定のため、みそカツバーガーと黒カレーカツバーガーは同時に食べられない!】

去年の東西対決だった時は、どちらのバーガーも全国展開されましたが、今回はご当地カラーを出すために、名古屋名物のみそカツバーガーと金沢名物の黒カレーカツバーガーは同時に食べることができません。

それぞれのバーガーが食べられる都道府県は、以下の様になります。

【名古屋名物:みそカツバーガーが食べられる都道府県】

※新潟、長野、岐阜、三重から東の都道府県が対象

三重、岐阜、長野、新潟、愛知、静岡、山梨、神奈川、群馬、埼玉、栃木、茨城、東京、千葉、福島、宮城、山形、岩手、秋田、青森、北海道

【金沢名物:黒カレーカツバーガーが食べられる都道府県】

※富山、石川、福井、滋賀、京都、奈良、和歌山から西

富山、石川、福井、滋賀、奈良、和歌山、京都、大阪、兵庫、鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄

日本地図でまとめてみると、こんな感じです。

ほぼ東西の境のところに、名古屋と金沢が位置していることがわかりますね。

まるで天下分け目の関ヶ原の戦いのようです(笑)

ちなみに宮崎名物のチキン南蛮バーガーは、全国展開されますので、日本中どこでも楽しむことができますよ!

【ご当地グルメバーガーの値段は?】

ご当地グルメバーガーの値段は、以下の様になっています。

  • 宮崎名物チキン南蛮バーガー(単品):390円
  • 名古屋名物みそカツバーガー(単品):390円
  • 金沢名物黒カレーカツバーガー(単品):390円
  • 宮崎名物チキン南蛮バーガー(セット):690円
  • 名古屋名物みそカツバーガー(セット):690円
  • 金沢名物黒カレーカツバーガー(セット):690円

3つとも同じ値段設定となっていますね!

【ご当地グルメバーガーのカロリーは?】

気になるご当地グルメバーガーのカロリーですが、まだ公式では発表されていません。

8/6(月)に発表されるとのことなので、発表され次第更新させて頂きます!

【ご当地グルメバーガーはいつからいつまで楽しめるの?】

ご当地グルメバーガーは、8/8(水)の10:30から始まります!

朝マックは対応していませんから、レギュラーメニューがスタートする10:30ということになりますね。

なお、9月上旬まで予定していますから、そんなに焦らなくても食べられるかなと思います!

【ご当地グルメバーガーのキャンペーンが豊富です!】

今回のご当地グルメバーガーは初となる地域限定を導入したことで、様々なキャンペーンが行われるようです!


『①めざせ!ご当地グルメバーガーコンプリート!』

地域限定にしたのですから、やっぱりありますよね!

1つの地域では、最高でも2種類のバーガーしか食べられませんから、全てのバーガーを制覇するためには、東日本、西日本の両方のマックに行く必要があります。

コンプリートすることができると、以下の特典をゲットできます!

『3種類コンプリート』

  • ご当地グルメバーガーポテトL・フロートセットが70円引きとなるクーポンプレゼント
  • 抽選で300名に、ご当地グルメバーガー祭オリジナルトートバッグプレゼント

『2種類コンプリート』

  • ご当地グルメバーガーポテトL・フロートセットが50円引きとなるクーポンプレゼント

マック公式のアプリを用いて、バーガーのQRコードを読み込ませることによってコンプリートしていきます。

なお、期間は8/8(水)~8/26(日)となっていますので、お盆などで旅行を予定している方は、大チャンスかもしれませんよ!


『②ご当地グルメ―バーガー祭オリジナルトートバッグが当たる!TwitterRTキャンペーン』

マック公式のTwitterアカウントに投稿された、「#ご当地グルメバーガーRTで応援」のハッシュタグが付いたツイートをリツイートすることで、オリジナルトートバッグの抽選が受けられます。

抽選で100名に当たるようですが、8/1(水)~8/7(火)で1日1回、合計7回抽選が受けられますので、意外に当選確率は高いかもしれません…!


『③マックカードが当たる!TwitterRTキャンペーン』

②のオリジナルトートバッグが当たるキャンペーンの続編となります。

こちらは8/8(水)~8/13(月)で1日1回、合計6回抽選が受けられるようです。

マックカード1500円分が抽選で100名に当たりますので、結構豪華ですね!

他にもスマホ用ゲーム「星のドラゴンクエスト」とのコラボキャンペーンもあり、キャンペーンのラインナップはなかなか豪華になっています。

この夏は、ご当地グルメバーガーがとても熱くなりそうです!

Sponsored Link