新レギュラー「グランガーリックペッパー」のガーリックが賛否両論!

ガーリック好きにはたまらない新レギュラー「グランガーリックペッパー」!

もっとガーリックを増量したいという声もあれば、逆にガーリックを抑えめにしてほしい声もあり、賛否両論が続いています。

これからレギュラーとして活躍する「グランガーリックペッパー」にとっては由々しき事態ですね…!

「グランガーリックペッパー」のガーリックを増量したり減量したりできるのか!?

実際にマックに直接聞いてみましたので、今回は「グランガーリックペッパー」のガーリック増量&減量について、情報を共有していきたいと思います!

Sponsoredlink

【賛否両論!「グランガーリックペッパー」のガーリック!】

10/10(水)より開始された新レギュラー「グランガーリックペッパー」ですが、マックとしては珍しいガーリックがメインのバーガーであることも相まって、ガーリックの量が賛否両論となっています。

僕のようなガーリック大好き派としては、ライトなガーリックが楽しめる「グランガーリックペッパー」は良いかと思います。

マック「グランガーリックペッパー」登場でグラン世代交代!レギュラーメニューが新メニューラッシュです!

さらにボリュームアップさせた『倍グランガーリックペッパー』では、2倍となった肉厚パティとガーリックの相性はバツグンで、さらなるガーリックを楽しめるようになっています!

夜マック「倍グランガーリックペッパー」食べたら重量級に悶絶!ガーリック好きにたまらない最強バーガーだった!

そういうわけで、ガーリックが好きな人にとっては、なかなかヤミツキになるレギュラーメニューになったかなと思います。

寧ろ、『もっとガーリックを強くしたい!いっぱい入れても良い!』との声も知り合いから聞きますね。

しかし一方で、「仕事中のランチではガーリックはキツい」とか「ガーリックが強すぎてむせてしまう」などといった、特徴であるガーリックが強すぎるとの声が上がっているのも事実です。

人それぞれ好みもありますし、取り巻いている環境も違います。

新レギュラーメニューとしては、老若男女問わず支持されないといけませんから、この問題はけっこう重要だと思います。

この問題を解決するには…

『ガーリックの増量&減量ができるようになれば良いのでは!?』

ということかなと思います。

果たしてガーリックの量は調整できるのか?店舗は対応してくれるのか?

直接マックに電話で問い合わせてみました!

Sponsored Link

【早速電話でガーリックのソースが調整可能か聞いてみました!】

それでは早速マックに直接電話していきましょう!

なお、以下のやり取りの内容については、僕の記憶による構成となっているため、実際の表現とは異なる場合が多々ありますのでご容赦ください。

―――グランガーリックペッパーを食べたんですが、ちょっとガーリックのソースが少なくて…

マック「左様でございますか!それは申し訳ありません…」

―――あ、いえ、おそらく普通の量だと思うのですが、僕はガーリックが好きなので、もっと多い方が良いかなと思いまして。ガーリックソースは増量できるのでしょうか?

マック「承知しました。少しお調べしますので、少々お待ちくださいませ」

相変わらず丁寧な応対に驚くばかりですが、保留にされたってことはあまり問合せがないということなのでしょうか…?

マック「お客様、お待たせして申し訳ありません。ソースの増量については、店舗によりますが対応は可能かと思われます。ただ…

―――何か制約があるのですか?

マック「いえ、お客様によって、どれくらい増やしたいのか加減が難しいので、具体的にお伝え頂けると対応もしやすいかと思います。」

―――なるほど。ちなみに減量についても同じ仕組みでしょうか?

マック「そうですね」

―――オプションの一種にはなるかと思うのですが、やはり忙しい時間帯でお願いするのはやめておいた方が良いでしょうか?

マック「いえ、そんなことはありません。どの時間帯であっても、店舗が決めている対応をさせて頂く形となります」

基本的には問題なさそうな感じですが、ちょっと引っかかるのは「対応が店舗による」部分ですね。

―――あの、ちなみに店舗によって対応が異なるようですが、もしかしてお断りされてしまう店舗もあるということでしょうか?

マック「…そうですね、ソースの増量や減量については、指示は明文化されておらず、「できる限りの対応はして欲しい」旨を伝えているに留まっているのが現状です」

―――店舗に現場の権限を与えているということですね。僕の最寄りのお店が良い対応をしてくれると良いのですが。

マック「よっぽどの事がない限り、対応はさせて頂けるかと思いますので、ご安心して相談して頂ければと思います」

―――ありがとうございます!早速最寄のお店に行ってみます!

店舗によっては融通が利かないところもありそうですが、まずは相談してみるのが一番ということですね。

というわけで、「善は急げ」ということで早速最寄りのマックへ行ってみましょう!

【実際に最寄のマックでソース増量にトライしてみました!】

それでは早速、グランガーリックペッパーのソース増量を注文してみましょう!

―――夜マックのグランガーリックペッパーを単品で1つください!

マック「はい、かしこまりました」

実は昨日の夜も倍グランガーリックペッパーを食べたのですが、あまりにも肉肉しさとガーリックのマッチングが美味しかったので、また「倍」にしてしまいました(笑)

夜マック「倍グランガーリックペッパー」食べたら重量級に悶絶!ガーリック好きにたまらない最強バーガーだった!

―――あの、それでガーリックのソースを多めにして欲しいのですが…

マック「かしこまりました。ソース多めで承りました」

あれ…なんか相談どころか普通にオーダーが通りましたね(汗)

商品を受け取る時もいつもと同じ対応だったので、ちょっと不安になったものの、レシートを見てみると…

こ、これは!

確かに『ガーリックペッパーソースオオメ』と記載されていますね!

ガーリックのソース増量は大成功です!

ちなみに、中を開けてみると…

ピクルスやオニオンなどを抜いた時に貼られるシールが、しっかりと貼ってありました!

今までは具材を抜いた時に貼られるシールだと思っていましたが、ソースの増量でも貼られるんですね。

何はともあれ、ちゃんとグランガーリックペッパーのソースは増量&減量が可能ということが証明されました!

【結論!グランガーリックペッパーのソース増量&減量は…】

ちゃんと対応してもらえます!

ソースの量が物足りなくて増量したい方、逆にソースの量を減らしてガーリックを弱めたい方、どちらの方も是非一度クルーさんに相談してみてください!

相談すれば、しっかりと対応してもらえるかと思います!

そして丁寧に教えてくれたマックのオペレーターさん、ありがとうございました!

Sponsored Link