インフルエンザは非常に感染力が高く、簡単に人間に感染してしまいます。

ましてや集団行動が中心で、かつ元気がありすぎて自覚しにくい小学生は、免疫力が不十分ということもあって、特に感染しやすいです。

従って、小学校では良くインフルエンザによる学級閉鎖が起こるのですが、いざ自分のお子さんのクラスが学級閉鎖になったらどうしますか?

今回は、自分の子どものクラスが学級閉鎖になった時の感染対策をご紹介したいと思います!

Sponsoredlink

99e91d9054c8d10eb192fe5bcb4d9847

【自分の子どものクラスが学級閉鎖になったら、子どもは感染してるかも!】

学級閉鎖とは、クラスでインフルエンザが蔓延し、今後インフルエンザによる拡大が懸念される場合に、学校側の判断によって起こります。

実際に何人休んだかによる明確な基準はないのですが、少なくとも1割の児童はインフルエンザによる欠席になっているケースが多いです。

インフルエンザとは、感染してからすぐに発症するわけではなく、2日~1週間程度の潜伏期間が存在します。

驚くことに、この潜伏期間中もインフルエンザは感染するため、発症してない予備軍がクラスの中にいる可能性は高いです。

参考:インフルエンザは潜伏中でも感染する!メカニズムを徹底解析!

それはつまり、お子さんも潜伏している可能性があるということになります。

学校も集団生活ですが、当然家庭だって集団生活です。

1人がインフルエンザにかかってしまうと、イモヅル式に感染していくのは明白です。

心苦しいところもあるのですが、「自分の子どもは感染しているかもしれない」という意識を持ち、家庭に蔓延させないために緊急で3つの対策を施していただきたいと思います。

3つの対策とは、

  1. インフルエンザの感染経路を断つ
  2. インフルエンザが活動しにくい環境をつくる
  3. 家族の免疫力を高める

となります。

それではひとつずつご紹介したいと思います!

【1.インフルエンザの感染経路を断つ】

インフルエンザの感染は、主に「飛沫感染」であり、咳やくしゃみであると言われています。

よって、主な感染経路としては、

  • 咳やくしゃみによって、空気中にあるウイルスを吸い込んでしまう
  • 空気中にあるウイルスが周りの物体に付着し、それが手に触れて口へ運んでしまう

以上の2点となっています。

逆にいえば、この2点に注意しておけば、インフルエンザの感染を抑えることができるということですね。

まず空気中にあるウイルスを吸い込んでしまうところについては、マスクで予防します。

このマスクは、学級閉鎖に早く帰りたいお子さんもですが、周りの家族も当然マスクをします。

お子さんがマスクをするのは、ウイルスを周りにまき散らさないためであり、周りの家族がマスクをするのは、予防ということになりますね。

ウイルスが手に触れて口に運ばれる感染経路については、こまめに手を洗うようにするしかないかなと思います。

最近は病院でもインフルエンザの予防として、手を洗うことを奨励しており、手作りポスターが貼ってあったりしますね。

Sponsored Link

【2.インフルエンザが活動しにくい環境をつくる】

一体どういうことなのかと言うと、インフルエンザウイルスは寒くて乾燥したところが大好きなのです。

よって、そうならないように家の中の温度や湿度を調整する必要がありますね。

特に湿度は重要で、50~70%が一番適していると言われています。

参考:子供のインフルエンザ4つの症状と9つ療養ポイント厳選まとめ

温度が低く、乾燥している環境はインフルエンザウイルスが活動するのに適していると言われ、この寒い季節にインフルエンザが流行するのはこういった事情もあるわけですね。

【3.家族の免疫力を高める】

免疫力とは、万が一インフルエンザウイルスが体内に侵入してしまっても、発症を軽くしたり、発症を抑えたりすることができる力のことを言います。

免疫力を高めるためには、他の病気に対する免疫と同じく「しっかりと食事の栄養を摂る」「十分な睡眠を確保する」「適度な運動をする」などといった、ごく当たり前の内容が重要となってきます。

実際にはごく当たり前のことが当たり前じゃないケースが多く、僕のように食事の内容が偏ったり、夜更かししていたり、通勤の時に少し歩くぐらいしか体を動かさなかったりすると、十分な免疫力があるとは言えないと思います。

適度な運動は難しいとしても、せめて栄養と睡眠はしっかりと確保したいところですね。

また、インフルエンザのワクチン接種も免疫力を高める極めて重要な手段と言えます。

インフルエンザのワクチン接種は正しい理解をしている人が意外と少なく、「ワクチンを接種したのに感染したじゃないか!」と怒る人をよく見かけます。

本来ワクチン接種の効果とは、感染を予防することではなく、感染した際の症状を軽減することに重きをおいていますので、注意してくださいね。

参考:インフルエンザのワクチンに効果はある?ここで白黒つけようじゃないか!

【最後に…お出かけは必要最低限にとどめる!】

インフルエンザに感染している恐れがあるため、お出かけするのは必要最低限にとどめて頂きたいと思います。

買い物など必要な外出であれば仕方ないかもしれませんが、友達と遊んだり、習い事に行ったりするのは周りに感染させてしまう恐れがありますので、十分気を付けることが重要です。

まだまだ猛威をふるうインフルエンザですから、皆で感染を予防したいですね!

Sponsored Link