【痴漢冤罪…次のターゲットはあなただ!】

Sponsoredlink

ciaoke0uuaahxak

「畑で被っている帽子を触るな」

「商店の店先でポケットに手を突っ込むな」

この2つは私が小さい頃に学校の先生によく言われたことだ。

畑で帽子を触ったら、畑の作物を帽子の中に入れて盗んでいると怪しまれるし、商店の店先でポケットに手を突っ込んだら、万引きしたと勘違いされる。

トラブルに巻き込まれないようにするのであれば、怪しまれるようなことはしないのが大事である。

これは満員電車の痴漢冤罪でも同じ。

それが例え勘違いであったとしても、痴漢と言われて容疑者となってしまったら、ほぼあなたの今後は真っ暗。

勘違いされるのは簡単だが、その容疑を覆すのは難しい。

仮に冤罪と認められるにしても、それは会社のクビ、犯罪者というレッテルを貼られて迫害を受ける家族、長引く裁判、全ての困難を乗り越えた先にしかない。

無実を勝ち取ったとしても、その代償はあまりにも大きい。

証拠が残りにくい痴漢冤罪とは、想像を絶する苦しみがある。

だが、痴漢冤罪から身を守る方法はある!

これは普段の心構えで成り立つものであり、お金がかかるものではない。

『怪しまれる、疑われる行為は絶対しない!』が痴漢冤罪対策の大原則である。

たった5つの痴漢冤罪から身を守る習慣をご紹介したい。

もしそれでも疑われてしまったら、とっさの対応を求められる。

疑われてしまった瞬間の対応法をまとめているので、参考にしていただきたい。

参考:痴漢に間違われても3秒で解決する方法と必須アイテム

【痴漢冤罪対策1:身だしなみには気をつけろ!】

唐突だが、企業の面接へ出かける時、どんな格好で行くだろうか。

普段の寝巻?ジャージ?

そんなはずはない。ちゃんとスーツでビシッときめるはずだ。

理由は簡単で、面接は人を見るための試験だから。

清潔感を武器にし、部屋にいる面接官全員に好印象を持ってもらわないといけない。

これは満員電車でも同じ。

車内は偶然ではあるが、一つの同じ空気を共有している。

だから、車内にいる人に悪い印象を与えてはいけないのだ。

これを人は「マナー」とか「エチケット」とか呼んだりするが、公共の場で過ごす以上、無視をすることはできない。

もしボサボサの髪の毛に汚れた服を着ていたら、間違いなく周囲に悪い印象を与える。

あなたの近くで痴漢騒ぎが起こったら、真っ先に疑われるのは悪い印象を持たれている人なのだ。

理由は「他の人よりも怪しく見える」

これだけ。

でも『他の人より』が付くだけで、立派な理由になってしまう。

ほとんどが赤の他人で、他人に対する情報がほぼ0に等しいからだ。

一度怪しいと思われると、そこから印象を変えるのは難しい。

常に周囲に気を配ること。これはとても大事なことである。

【痴漢冤罪対策2:臭いには気をつけろ!】

満員電車では、日常生活ではありえないほど人と人の距離が近い。

近いと言うか、ギューギュー詰めだとゼロ距離である。

だから普段人と接するよりも臭いも目立つようになる。

臭いでトラブルになるのは、1位が『口臭』で2位が『加齢臭』

どちらも自分ではわかりにくいので、気づかない人が多いのだが、殺人級の臭さの持ち主を何度も体験している身としては、絶対に対策を施したい。

さわやかな息、少し良い匂いをする人というのは、周囲を落ち着かせる作用も働かせてくれるので、トラブルを引き起こしにくい。

出発前の歯磨きはもちろんであるが、ほのかな香りがする程度に香水をふるのも手である。

だが絶対に避けないといけないのは、香水をふり過ぎること。

トラブルとなる臭いの第3位は『香水の臭い』であるので、注意しなければいけない。

香水に抵抗のある人は、制汗スプレーでも良い。

最近はさわやかな匂いを出してくれるスプレーを数多く打っているので、加齢臭対策としても活用するのも良いだろう。

【痴漢冤罪対策3:手は胸より上に挙げろ!】

痴漢を体の部位のどこで行なわれるのか?と考えた時、一番多いのは手。

手は人間の中で1、2を争う神経の密度であり、触覚が一番発達している部位の1つである。

従って、手がしっかりと公に姿を現していた方が、疑われる可能性が低くなる。

片手は吊り輪などを持つことになるが、問題はもう片方の手。

手さげカバンを持っている場合は、何とか公に見えるように工夫したいところ。

どうしても埋もれてしまう場合には、胸に手を当てるなど、手のひらが外を向かない方にしたい。

【痴漢冤罪対策4:カバンはしっかりと閉めておけ!】

手で直接触る痴漢もあるが、最近は発達した技術が悪用される形で、盗撮も巧妙化している。

どんどん盗撮で使われる機器はコンパクトになっている一方、カバンに機器を入れて盗撮する例も多い。

従って、変にカバンのチャックが開いていたりすると、中に盗撮カメラなどが仕込まれているのでは?と疑われるケースが少なくない。

当然中に入っていないので容疑ははれるのだが、最近は『わざと犯人に仕立て上げ、慰謝料を請求する』というグループ犯罪が横行しているため、空いたカバンの中にカメラを入れられることもあるのだ!

これを大声で「この人痴漢です!カバンからカメラが出てきましたぁ!!」とか言われたら、あなたの逆転はほぼ不可能に近い。

痴漢冤罪での鉄則は、『真実はあまり関係ない。犯人と思われたら犯人になる』である。

犯人にでっち上げられるようなリスクは、自分で排除しないといけないのである。

【痴漢冤罪対策5:何かあったら、すぐに声を出す】

電車が急ブレーキをかけたり、急カーブを曲がったりと、とっさに誰かにぶつかってしまったり、誰かの体に触れてしまうことが満員電車では良くある。

つまり意図しないところでの事故ということだ。

もちろんあなたは他人の体に触れたくて触れたわけでもなくて、攻撃したくてぶつかったわけではない。

しかしそれはあくまでこちらの心理であり、された方からすれば、そんな心理はわからない。

いや、だいたいはわかってもらえると思うが、問題なのは一部のわかってもらえなかったケースだ。

わざとじゃないのに、「この人痴漢です!触られました!」と叫ばれる可能性は0ではない。

だからこそ、とっさに何かしてしまったら、すぐに謝るべし!とにかく早く謝る!

基本的に犯罪に手を染めているような人間は、悪いことをしても悪気はないわけだから、すぐに謝罪の言葉が出てくることはない。

どちらかというと、バレないように身を隠したり、逃げたりするだろう。

これは事件ではなく事故だということをわかってもらえるために、すぐに声掛けをすることをお勧めする。

変に無視したりすると、「この人わざとやったの?」と思われてしまい、疑いの目をかけられてしまう。

わざとでないにしても、悪いことをしてしまったのは紛れもない事実なので、紳士的な対応を心がけたい。

%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

  • 痴漢冤罪対策の大原則は『怪しまれるような行動は絶対しない』!
  • 周囲に悪影響を与えないことが、怪しまれない第一歩である!
  • 常に自分から動く姿勢で、何があっても適切に対処できる準備をすること!