2018年4月以降「三太郎の日」は特典がタダじゃなくなる!

2月はミスド、3月はファミマと新鮮味には欠けたものの、堅調に特典サービスをプレゼントしてくれた三太郎の日。

気になる新学期の4月は…と期待を持ってたところ、なんとデータ300MBプレゼントの太っ腹な内容が!

…と思ってたら、Wowma!での買い物が条件になっている模様。

三太郎の日はこれからどうなってしまうのか?そもそもデータ300MBってすごいの?

今回は4月以降の三太郎の日について、ご紹介したいと思います!

Sponsoredlink

【auSTAR会員はWowma!での買い物が条件でデータ300MBプレゼント!…はスゴいのか?】

4月以降の三太郎の日においては、auSTAR会員限定となり、auスマートパスプレミアム会員限定ではなくなりました。

タダで入れるauSTAR会員ということで喜びたかったのですが、そもそも特典を受けるためには「Wowma!で500円以上の買い物をする」という条件があるのです。

Wowma!は去年の11月で三太郎の日の特典となりましたが、反応はイマイチでしたね。

内容が割引になるというものだったため、タダで何かが貰える特典に比べるとおトク感はありませんでした。

しかし今回の三太郎の日においては、そもそも特典を受けるのに買い物が必要という「もはやタダで無くなっている」点を考えると、11月のWowma!よりも悪くなっているような印象も受けます。

データ300MBプレゼントというのがどれくらいすごいことなのかを調査しないと、今回の三太郎の日の特典が特典と呼んでいいのかがわかりません。

というわけで、データ300MBの価値を調べてみることにしましょう!

【そもそもデータ容量って何なのか?】

データ300MBの価値を調べる前に、そもそも「データ」とは何なのか?が気になる方も多いはずです。

ここで言うデータとは、「高速で通信できるデータ容量」のことを指します。

スマホやタブレットにおいて、ネットに接続する際、サイトや動画を閲覧するとデータ容量を消費します。

(厳密には消費ではないのですが、イメージを持って頂くために消費という言葉で説明致します)

静止画であれば容量は大したことないのですが、youtubeなど動画を閲覧したり、アプリをダウンロードしたりすると容量を多く消費します。

但しwi-fiであれば、通信形態が異なるためにデータ容量を消費せずに通信を行うことができます。

フリーwi-fiをウリにするカフェがあるのは、このためですね。

これはauに限った話ではなく、ドコモやソフトバンクもスマホやタブレットを契約する際は、1ヶ月あたりに支給されるデータ容量によってプラン料金が変わってくるのです。

ではあらかじめ支給されたデータ容量を超えてしまうとどうなるのか?

超えてしまうと、通信ができなくなる…ということはありません。

ただ通信速度が制限され、通信が極端に遅くなってしまいます。

そんな時に役立つのが「データ容量の購入」です。

今回は300MBのデータ容量の値段を、この「データ容量の購入」という手段で調べてみたいと思います。

Sponsored Link

【データ容量300MBの価値はどれくらい?】

auでのデータ容量の購入は、1GBと半分の500MBの2種類から選べます。

それぞれの値段は以下の通りです。

  • 1GB:1080円(税込)
  • 500MB:594円(税込)

容量が多い方がおトクということで、1GBだと100MBあたり108円、500MBだと100MBあたり約119円となります。

単価が高い500MBの単価で計算すると、300MBの値段は約356円となります。

…あれ?

Wowma!で500円買い物させるのに、貰えるデータ容量は350円程度しかないということになります。

あくまで買い物ですから、500円損するというわけではないものの、欲しい商品がなければムダな買い物をさせられることになるため、ちょっと損かなと思ってしまいます。

【データ容量300MBで一体何ができるのか?】

「データ300MBもあげちゃいます!」みたいな雰囲気になっていますが、300MBで何ができるのでしょうか?

以下に300MBでできることを並べてみました。

  • ニュースサイトなどの閲覧(1ページ150KB):約2200ページ
  • メールの送受信(1通あたり500KB):約670通
  • LINEでの音声通話:約13時間前後
  • ネット動画の閲覧(1分あたり4MB):約75分の再生
  • Youtubeの高画質動画閲覧(1分あたり12MB):約25分の再生

いかがでしょうか?

静止画がメインとなるニュースサイトなどの閲覧であれば多いように感じますが、youtubeといった動画になると、一気に消費されてしまうことがわかります。

自宅でwi-fiを引いていたり、ネット動画に興味がなければ重宝しそうですが、電車の通勤や通学で動画を楽しもうとすると片道で終わってしまいます。

三太郎の日は1ヶ月につき最大3回ありますから、最大で900MBプレゼントされるということになりますが、三太郎の日になる度にWowma!で買い物をする必要があることを考えると、ちょっと人を選びそうな気がします。

【結論:Wowma!での買い物に魅力がなければ、おトク感ゼロ】

ちょっと厳しい言い方になってしまいますが、データ容量300MBの価値がプレゼントの条件としている500円を超えていない以上、無条件でおトクとは言えません。

Wowma!でも買い物上限が500円ではなく300円だったら、無理してでも買い物した方がおトクと言えたのですが、ちょっと残念です。

また、この特典には以下の条件があり、さらに敷居を高くしてしまっている気がします。

  • 「auSTAR会員」の登録
  • 「データチャージ」オプションへの加入

どちらの条件も無料となっているため、特に損をするような内容ではないのですが、それなりの時間を使うと考えれば、手放しに「無料だから」とは言えません。

【4月以降の三太郎の日は、他に特典は用意してくれるのか?】

現状明らかになっている三太郎の日は、「auATAR会員向けのWowma!での購入特典のデータ容量プレゼント」だけとなっています。

しかしauは公式HPにおいて、

「2018年度も引き続き、飲食店や100円ショップなど、パートナー企業店舗でもらえる特典も用意する」

公言しています。

それが毎月になるのかはわかりませんが、Wowma!における購入特典だけでないことは確かです。

まだ4月の特典も全て発表されたとは限りませんので、もうしばらく様子を見ていきたいところですね。

ドコモも「ハピチャン」が大変好評とのことなので、突然内容の質を落とすようなことはしないのではないか?と思っています。

今後の「三太郎の日」に期待しましょう!

Sponsored Link