雨の日の満員電車の通勤通学では、使える傘はただ一つ!

Sponsoredlink

160321_umbrellacover_001-thumb-640x360-95089

雨の日の満員電車では、2種類の人間しか存在しない。

『折りたたみ傘を使う人』『折りたたみ傘を使わない人』だけだ。

雨の日において、満員電車で戦うためには折りたたみ傘は大きなアドバンテージとなる。

いやむしろ、折りたたみ傘しか使えないのではないかと思うくらいである。

折りたたみ傘は、雨の日の満員電車のためにあると言っても過言ではない。

今回は、折りたたみ傘と雨の日の通勤通学がどれだけ良い相性なのか、ご紹介していきたい。

【折りたたみ傘は、車内では『晴れの日と同じ環境』となる!】

雨の日に傘をさすのは、ごく当然の行動であり、欠かせないものだ。

傘はあなたから雨を守ってくれるので、あなたはずぶ濡れになったり、風邪を引いたりすることはない。

しかしそれは雨が降っている環境下でのみ効果を発するものであり、雨が降っていない状態だと、傘には失礼だが邪魔となってしまう。

さらに社内という特殊(いつものことなので日常の一部になってはいるが)な環境においては、片手にはカバン、さらに片手には吊り輪で埋まっているにも関わらず、傘も持たなければいけない。

カバンを足元に置く、吊り輪の代わりに長傘でバランスを取る、様々な策を講じなければいけないのだ。

しかし、長傘が折りたたみ傘になれば、傘はカバンにしまうことができるため、車内では傘を持っていない状態となる。

つまり晴れの日と同じ環境で、電車に乗ることができるのだ!

これが折りたたみ傘の最大の利点なのだ。

【折りたたみ傘のデメリットは全て解決できる!】

ここまでの内容で、雨の日の満員電車では、傘は折りたたみ傘の方が有用であることはご理解いただけたと思う。

しかし、それと同時に幾つかのデメリットも感じているのではないだろうか。

そのデメリットと、その解決方法を模索していきたい。

【デメリット1:濡れた折りたたみ傘の収納方法】

折りたたみ傘は確かに折りたたむことによって、カバンに入るくらいのサイズに縮小できるメリットを持っている。

しかし、使用する前ならまだしも、既に駅までの通勤通学によって折りたたみ傘は大抵濡れてしまっている。

その状態でカバンに収納するというのは、いかがなものか?というのがデメリットである。

このデメリットについては、単純に折りたたみ傘用のビニール袋やチャック付きの収納袋を用意するという手法により、大抵は解決する。

折りたたみ傘自体の収納袋に入れてしまうと、袋の素材によっては滲み出てしまい、結果的にカバンの中が湿ってしまう恐れがある。

折りたたみ傘用の別の袋を用意することで、カバンの中が湿ってしまう危険性が低くなるのだ。

もし不安な場合は、袋を二重にするとより確実にカバンに入れることができるのではないだろうか。

【デメリット2:折りたたみ傘の傘としての強度が低い】

普段からカバンに折りたたみ傘を忍ばせている方は、折りたたみ傘は学校の置き傘の如く、突発的に雨が降ってきても、濡れずに目的地へ行くことができるように転ばず先の杖としている可能性が高い。

折りたたみ傘を主力にできない最大の理由は、長傘よりも骨が弱いこと、変形できるが故の関節部分の脆さ、傘の小ささなどによるものが大きい。

これは折りたたみ傘に根付いてしまっているイメージであり、長傘の補欠という意味合いとなってしまっていることからも伺える。

しかし最近は、軽いのはもちろんとして、大きくて丈夫な折りたたみ傘が数多く出回るようになっている。

それは長傘と同等レベルまで引き上げられていることを証明するものであり、折りたたみ傘の革命と言えよう。

【折りたたみ傘は、もはや雨の日の通勤通学では必需品!】

以上のことから、折りたたみ傘はただの予備ではなく、れっきとした主役となっているのである。

ただでさえ手の自由を失われている雨の日の通勤通学だからこそ、折りたたみ傘を主力と据えることは、今や必然の習わしと言えることだろう。

大きさもかさばり、周囲に迷惑をかけがちな長傘ではなく、折りたたみ傘にシフトすることが、満員電車を少しでも快適に過ごすための一つのファクターとなっているのである!